Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


ライティング・コーチ

私には、今までに2回、ライティング・コーチがつきました。
ライティング・コーチとは、「書くためのコーチ」です。

1回目は5年前、
『やりたいをやるに変えるコーチング』という本を執筆したときでした。

そのときの編集者はとても優秀で、ミーティングのたびに
私に話させるための問いかけをたくさん投げかけてくれました。

質問に触発されて自由に話しているうちに、私自身の経験が物語となり、
その物語が本になるという刺激的な体験をしました。

今のライティング・コーチは、現在進行形でお世話になっている
「All About(オールアバウト)」プロデューサーの中川朋子さんです。

実は、総合情報サイト「All About」で、
「コーチング・マネジメント」のガイドを務めてくれないか、
と声をかけていただき、その準備にこの数ヶ月費やしていました。

ご存知の方も多いと思いますが、「All About」は、

「その道のプロである専門家(ガイド)が、
 情報提供やナビゲートを行う総合情報サイト」

をキーワードに、
あらゆる分野の専門家が情報をウェブサイトに紹介しています。

ガイドの仕事は、中立的な立場で専門的な情報を記事にすること。
情報の有益性だけでなく、いかに魅力的に記事としてみせるかが
勝負となっています。

中川さんご自身も、弊社のコーチ・トレーニング・プログラム(CTP)の修了生で、
コーチングの有用性や効果を実体験されているだけあり、
私の書く記事に対して、以下のメッセージを投げかけながら、
実に辛抱強くコーチしてくださいました。

・「第三者に読んでもらいましたか?」と他の人との関わりを促す

・「読者だったらどう思うでしょうか?」と違う立場からの視点を持ち込む

・「平野さんの記事は専門性が強いです。初心者はよくわかりません」など、
  具体的なフィードバックをする

・「あなたらしいキャラクターは何ですか?」と私自身に対する問いかけがある

・「まずやってみましょう」とスモールステップから始めて、発展させる

・「平野さんならできるはずです」と常に勇気づけし、後押しする

記事は原型がわからなくなるほど何度も書き換えましたが、
そのプロセスに辛抱強く付き合ってくださり、
毎回のフィードバックセッションの中で、
中川さんは新しい発見や、気づきをもたらしてくださいました。

まさにライティング・コーチです。

コーチングや、コーチングによる効果を、
新しいマーケットに向けて発信できることにワクワクしています。

そして、今後も引き続き「書くこと」をコーチされることによって
新しい発見や気づき、成長を私自身が手にする可能性を感じています。

コーチングは、相互の成長の喜びなのだということを、今回の経験、
中川さんとのやりとりであらためて実感しています。

リアルタイムで、そのプロセスを一緒に見ていただきたいと思います。

All About 「コーチング・マネジメント」

2月17日からスタートしました。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事