Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


リーダーは関係性の中でしか育てられない

私の考えるリーダーの定義とは、次の3つです。

 1.成果を上げていること
 2.成果を上げ続けていること
 3.次のリーダーを育てていること

リーダーの仕事は、自分の率いるチームや組織を生き残らせること、
そして、さらに成長させることです。
これは、リーダーひとりの力では、決して実現できないことです。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 1.成果を上げていること
 2.成果を上げ続けていること

あるリーダーは、一時期、花火のように成果を上げてみせます。
しかし、成果にこだわるあまり、チーム全体を疲弊させてしまい、
次の年度に向けて、全体の力の蓄えがなくなってしまう場合があります。

チーム内の競争をあおりすぎた結果として、
チーム内の協力体制が薄くなり、成果を上げるために必要な
ソーシャルキャピタルの蓄積がなくなってしまうのです。

リーダー自身がスタープレイヤーとしてトップの成績を上げ、
それを継続していたとしても、
ともに働くチームメンバーの成績が上がらなければ、
長期的な視点でみたとき、チームの成長はないでしょう。

では、どうすればいいのか。

まわりの人たち、つまりチームメンバーをうまくいかせることが、
チームを成長させ、生き残らせる唯一の方法です。

まわりがうまくいく方法を考えるのは
リーダーのもつべき大切な視点のひとつです。
だからこそ、リーダーには、チームメンバー一人ひとりの
個性や能力を把握することが求められるのです。

部下に対して共感するといった感情論は関係ありません。
好き嫌いなども超えていく必要があります。
リーダーに求められているのは、チーム全体の成長なのですから。
そのためにはどうしたらいいかを考えたとき、
自分の部下の能力を最大限に引き出す方法を
考えざるを得ないということです。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 3.次のリーダーを育てていること

成果を上げ続け、チームや組織を生き残らせるために重要なのが、
チームメンバーの中にリーダーシップを育てることです。

リーダーシップを育てるには、
役職につけたり、権限を与えたりするよりも、
チームメンバー一人ひとりの中に、
リーダーとしての視点をインストールしてしまうのです。

もちろん「こういうものの見方をするように」と言ったからといって、
これまでと異なる視点をもてるようになるわけではありません。
新しい視点をもてるようにするためには、行動を変えるのが先です。

そのひとつは、自分以外の人の目標達成に協力させることです。
チームメンバーが、それぞれ自分の営業成績だけを考え、
それを競っているだけでは、たとえ業績は上がったとしても、
真のリーダーシップは育たないでしょう。
若いうちから、自分以外の人の目標達成に協力する機会を与えることが、
リーダーシップを育てるひとつの方法です。

リーダーシップは、関係性の中で育成されるものです。
会社に入り、数年が経って、時期が来て研修を受け
だからリーダーになれるわけでもないし、
リーダーシップが育つわけではありません。

リーダーシップは、入社時からチームの中で育成していくものです。
リーダーは、チームという場を、
部下のリーダーシップを育成する場にするのです。
他人の目標達成に関心をもたせ、
チーム全体の成長を考えるマインドを育てる。

そして、リーダーが、メンバー一人ひとりと関わり、
その才能を開花させていくプロセスは、
リーダーにとってのさらなる成長の機会でもあります。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事