Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


続・母と補聴器

私の母は85歳を越え、最近ますます耳の聞こえが悪くなりました。
耳元で大きな声で話しても、ときどきつじつまが合いません。

「聞こえてる?」

と確認すると、

「聞こえてる。わかったわかった」

と答えるのですが、後でとんでもない行き違いが起こったりするのです。

母は数年前から補聴器をつけていますが、
期待したほど聞こえるようになりません。
業を煮やした母は、最近、自分で別の専門店を探し出し、
補聴器を新調しました。

聴力検査の結果が出たので家族と来てくれということになり、
私が一緒に行くと、

・音が聞こえる度合いは40%程度に低下している。
 これは補聴器によって60%程度まで上げることができる。

・音を聞き分ける能力は30%程度に低下している。
 これは補聴器によって補うことができない。

つまり、人の話は音として聞こえても、言葉として認識できていない。

母の場合、長い間、音の聞こえが悪くなっていたために、
音を聞き分ける能力が落ちてしまった。
使わなかったためにその部分が錆びてしまったわけです。

ですから、いくら補聴器で音量を上げても、
言葉を聞き分ける能力そのものが回復しなければ、
人の話を「聞ける」ようにはならないということなのです。

そこで、能力を回復させるために最も効果的なトレーニングとして
「音読」を勧められました。

目で文字を見る、自分で発音する、それを耳で聞く。

この繰り返しが、脳が音を言葉として認識するための
もっとも効果的なトレーニングなのだそうです。
80歳を越えても、音読することで機能は少しずつ回復するとのこと。

母はそこに一筋の光明を見出し、日々音読に励んでいます。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

先日、部下から営業進捗の報告を受けたときのことです。

K君 「先方の担当者は、コーチングの研修に興味がありそうなので、
    次回は、2日間の研修の提案を持って行くつもりです」

T君 「先方の担当者は、一見乗り気のようにも見えますが、
    実のところ研修に興味はなさそうです。
    まったく違うアプローチが必要だと思います」

同行していた2人の部下の報告はまったくニュアンスの異なるものでした。

同じ相手から同じ話を聞いても、そこから何を聞き、
何を察知するかは人によって異なります。
どのような立場で、どのような視点を持って聞くかによって、
聞こえるものは違うのです。

意識を向けたこと、聞こうとしていることだけが聞こえる。
意識を向けることができなければ、それは聞こえてこない。

私たちは脳で聞いているのです。


聞く能力を高めるための方法の一つは、
聞き分けるための視点を増やすことです。


・何を求めているのか

・何が障害になっているのか

・どのようなスタンスに立っているのか

・話の内容と言葉の調子や態度はマッチしているか

・ニーズは何か

・どのような価値観を持っているのか

・強みは何か

・どのような動機で動くのか

・言外にあるものは何か

・どのような調子で話しているか

・どのようなストーリーをもって話しているのか

・エネルギーのレベルはどのくらいか


視点を持って話を聞く。
そして、そこから察知できるものに意識を向ける。
視点が増えれば、それだけ聞き分けることができるようになる。

意識して使わなければその能力は開発されません。
トレーニング無しに能力が向上することはないのです。


母が音読をするように、
私たちにも聞くトレーニングが必要なのだと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事