Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


うまくいく方法

一ヶ月ほど前の日曜日のことです。

家で飼っているミニチュアダックスフンドが、散歩の途中で突然立ち止まり、
動かなくなりました。

「おいで」とリードを引くと、その場に横になってしまい、
まったく歩こうとしません。
抱き上げて家につれて帰りましたが、様子がおかしい。
立たせてみると、後ろ足がふらふらして動かない。
症状から見ておそらくヘルニアです。

インターネットでいろいろと調べた結果、鍼で治療をすることにしました。
鍼を選んだ理由は、手術をしても100%回復するという保証はないこと。
自分も腰が悪く、ときどき鍼を打ってもらうことがあり、よく効くこと。

翌日、ネットで見つけた鍼治療専門の動物病院に出かけました。

獣医さんは、うちの犬を見るなり「治りますよ」と言います。
ずいぶん簡単に言うとは思いましたが、任せることにしました。

犬の脈を見て、背中、足、耳など、数箇所に鍼を打ちます。
その間、15分くらいで終了。

驚いたことに、翌日にはふらつきはするものの、自分の力で立ち上がっていました。
現在、通院7回目。家の中で走るほど回復し、その治療の効果に驚いています。

  *     *     *     *     *

1997年以来、コーチ・トゥエンティワンは、
さまざまな形でコーチングスキルのトレーニングを提供し続けています。
この10年間の経験から、多くのことが明確になってきました。

そのひとつは、カテゴライズされたコミュニケーションが
生産性を高めていることです。

生産性を高めるためには、
ただ単にコミュニケーションをとれば良いというわけではなく、
「カテゴライズされたコミュニケーションスキル」を
「カテゴライズされた場面」で使いこなすことが必要なのです。

カテゴライズされたコミュニケーションスキルとは、

 ・聞く
 ・質問する
 ・承認する
 ・相手のタイプに合わせる

などなど。

カテゴライズされた場面とは、

 ・面談
 ・3分間コーチ
 ・インフォーマルな会話

などなど。

やみくもに誉めればいいというわけではないし、
愚痴を聞くだけでは生産性は上がらない。ただ面談しても効果はない。
飲ミニケーションを復活させたからといって、必ずしもうまくいくわけではない。

カテゴライズされたコミュニケーションスキルを
カテゴライズされた場面で効果的に使うこと。
それらを総合して私たちはコーチングと呼んでいるのです。

コーチングを正しく理解し、うまく使うことができれば、
生産性は確実に上がります。


私たちは、どうやったらうまくいくか、やり方やその場面での答えを求めがちです。
ところが、コミュニケーションにひとつの答え、正解はありません。
いつも、こうすれば、うまくいく方法や答えがあるわけではないのです。

うまくいく方法。

それは、正しい知識と技術を学び、
それに基づく経験によってしか得ることはできません。


   *     *     *     *     *

獣医さんに聞きました。

「なぜ治るのですか?」

「正直に言うと、なぜ治るのか理由はよくわからないんです。
 でも、犬を脈診して、体質、体力、症状に合わせて
 適切なつぼに鍼を打つと治ります。
 いい治療に必要なのは、正しい知識と技術を学ぶこと。
 それに基づく経験です」


  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

※ コミュニケーションスキルについては、
  CTP(コーチ・トレーニングプログラム)の中の
  「コーチングの基本スキル」クラスで詳しく扱っています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事