Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


3分の会話の威力

 先日、ラジオ番組の電話インタビューに出演しました。

 コーチングスキルについての質問に答えるというもので、
 事前に番組から想定質問集をいただいていました。

 内容を見ると、質疑応答という形にはなっているものの、
 答える時間がかなり時間が長い。

 ちょうど2週間前に、小宮一慶さんの電話での講演会で
 司会進行役を務めたとき、参加者の方から
 「司会者はもっと技量が必要」
 と、厳しいご指摘をいただいたところでしたので緊張が高まります。

 想定質問に基づいて話す原稿を用意し、電話インタビューを受ける前に
 広報担当のスタッフを相手に練習をしました。

 「どう?」

 「話すスピードが速いです」

 練習。


 私たちは、コーチングのスキルアップのために、実際のコーチングの
 会話を数名に聞いてもらい、チェックリストに添って改善点などを
 指摘してもらう機会が多くあります。

  □ 声のトーン、話すスピードは相手に合っていた
  □ 話の間やタイミングは相手に適切だった
  □ 質問は効果的だった
  □ 自分本位ではなかった
  □ 決めつけはなかった

 このように具体的な項目について、客観的なフィードバックをもらいます。

 今回の場合は、さしづめ、最初の
 「話すスピードは相手に合っていた」
 というところに「課題あり」ということになるのでしょう。


 さて、ラジオ出演の当日、時間になると電話がかかってきました。

 話の相手をしてくださったのは、番組のディレクターの方。
 事前に資料をお送りしておいたら、さっそく
 開口一番に電話口の向こうで読んでくださっている様子で、

 「うーん、なるほどぉ」
 「うーん、そうなんだぁ」

 原稿を読みながら関心を寄せて読んでくださっている様子が、
 電話の向こうから伝わってきます。

 資料の内容は、部下とどのように接したらいいか、というものでしたので、
 「いや、私もこういう経験があるんですよね」
 としみじみとおっしゃいます。

 この声のトーンを聞いただけで、私はもう、話す内容はこれでいいんだ、と
 大いに自信がつきました。

 そしていよいよ本番。

 一応原稿はあるものの、このディレクターの方は、私の話を聞き、
 それに合ったひとことのコメントを加えてくださいます。

 「つまり平野さんがおっしゃっているのは・・・」
 「・・・ということは、私はこのように思ったのですが」

 そのコメントはあまりにも的確で、聞いているだけで、

 「あ、私の話は伝わっている」
 「言いたいことはきちんと言えている」

 と感じられました。

 このディレクターの方はまさに

  □ 話の間やタイミングは相手に適切だった
  □ 質問は効果的だった

 を実践されていました。

 その効果は、出演している最中の安心感をもたらしただけではなく、
 終わってからもずっと満足感として私の中に残りました。

 おそらくこのディレクターの方は、今まで数多くの方を相手に
 話をしてこられたのでしょう。


 コーチするときには「聞いているよ」「受け入れているよ」という
 メッセージを相手に伝えることがとても大事です。
 その効果は相手に自信をつけさせ、エネルギーを上げます。

 ちなみに、私はその日に話した原稿を、その夜の枕元まで持って寝ました。


 たった3分のインタビューでこれを引き起こすことができるなら、
 日常の会話の可能性は無限にあることを実感します。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事