Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


チップインイーグル

先日、日曜日の夕方、たまたまテレビをつけたらゴルフの中継をやっていました。

トップを走る石川遼選手が、
12番パー4のミドルホールでOBを連発し9打を叩くという、
プロの決勝ラウンドではなかなかめずらしい局面。

優勝争いというプレッシャーの中で石川選手もここで崩れてしまうのかと、
どきどきしながら思わずテレビに見入ってしまいました。

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


『<勝負脳>の鍛え方』の著者、林成之氏によれば、
ゴール直前や、重要な場面で、脳にリラックスしろという指令を送ってしまうと、
脳は一気にパフォーマンスを下げてしまうらしい。

例えば、9回裏2アウト満塁を迎えたピッチャーに対して、
「リラックスしろ」という指示は、脳の働きから見ればNG。

とはいっても、絶対に三振を取って来いとか、
例えば営業マンに対して、絶対に目標数値を売り上げろというような
脅しをかけるようなプレッシャーも
脳は受けつけないのでパフォーマンスは上がらない。

そのような局面での大切なポイントは、
目の前の行動に集中が起こるような働きかけだといいます。


以下、知り合いのマネジャーから聞いた話です。

あるとき、ミスが重なりお客様からの強いクレームが発生してしまった。
そのクレームに一刻も早く、しかもうまく対応しなければならないという
かなり緊迫した状況です。

ところが、そのマネジャーは、自分の頭の中で
「どうしてこんなことになってしまったのか」
「どうしたらいいのかわからない」
という言葉ばかりが渦巻いて、パニックになってしまった。

あわてて上司に相談すると、
上司はまず事実関係を整理し、そしてマネジャーに質問しました。

「この状況の中で、君ができる最高の選択は何だろう?」

しばらくマネジャーは考え、そして答えました。

「誠心誠意謝ることだと思います。今すぐ先方に謝罪してきます」

マネジャーは自ら出向き、謝罪をしました。
先方はその謝罪を受け入れ、事なきを得たといいます。

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

さて、皆さんご存知のように、
石川選手は次のホールでなにごともなかったかのようにパー。

さらに16番ホールでは見事なチップインイーグルを取り、
今期初優勝を飾りました。

OBを連発して9打叩いたとしても、
次のホールでは目の前の一打に集中し、最高のパフォーマンスを発揮する、
その技術と精神力には目を見張るばかりです。


部下に対するコーチングとは、
さまざまな局面で、部下のパフォーマンスを引き出すための問いかけを繰り返すこと。

そのべースは、「今できる最高の選択は何か?」

そして、ここぞというときに、部下が自分自身に問いかけ、
最高のパフォーマンスを発揮する。
それが自律性を育てる人材開発なのだと思うのです。

私も部下にチップインイーグルを取らせたい。


────────────────────────────

CTP(コーチ・トレーニング・プログラム)は、
コミュニケーションを戦略的に行えるようになるためのトレーニングです。

▼ CTP資料請求(無料ダウンロード)
https://www.coach.co.jp/cgi-bin/ctp/shiryo_apply/index.cgi

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事