Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


大鵬の湯飲み茶碗

私は今の家に生まれて、同じ家に50年住み続けています。
母は80年も住み続けている。

母は戦前はおろか震災前の生まれだから、物を捨てません。

その80年の蓄積はすごい。
家には物があふれ、母屋だけでは収納しきれずに、
庭に二階建ての物置を建てて、今やその物置からもあふれそうな勢いです。

先日、母は朝早くから、その物置の物を次々に運び出し、庭に並べています。
何してるの?と聞いてみると、驚いたことに、

「いらない物ばかりだから少し捨てようと思う」

と言うのです。

その言葉を聞いたとき、とうとうこの母が物を捨てる気になったのか、
と感慨深いものがありました。

ところが案の定、夕方会社から帰って物置をのぞいてみると、
朝とは置き場所が違うだけで、庭に並べてあったものは、
すべて、棚に戻っていたのです。

どんなものが入っているのかと思って、目の前の棚にあった箱を開けてみると、
大きく「大鵬」と書いてある湯飲み茶碗。

何年ここにしまってあるのかわかりませんが、やっぱり捨てられないらしい。

もし母が不要なものを、思い切って捨てたとしたら、
わが家のスペースは倍になるのに!と思いはしましたが、
捨てられない気持ちもわかるので、そっと元に戻しておきました。

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

私たちがパフォーマンスを発揮するために、大切なポイントが二つあります。

ひとつは未来に向けてのビジョンやゴール。
エネルギーを集中させるにはターゲットが必要です。

もうひとつは、自己基盤を強化すること。
ターゲットに向かって動き出せる状態を作っておく。
体や気持ちが重くては、動けません。

空高く飛びたいと思ってバーナーで気球を膨らませても、
砂袋をたくさん積んでいれば、上昇しないのと一緒です。

やりたいことがあっても、気がかりがあれば行動は鈍るし、
いらないものを抱えていれば、重くなる。

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

この原稿を書いている今、会社の中は引越しの準備でおおわらわです。

私も自分の部屋にあるキャビネットや引き出しから書類を引っ張り出し、
使うものはダンボールに詰める。使わないものは捨てる。

このオフィスに移転して6年半。
一度も見ていない書類があって自分ながらに驚きました。

大鵬の湯飲みは捨てられないが、いらない書類は捨てる。
捨てる、思い切って捨てる。

一日かけて整理が終わると、2つあるキャビネットの1つがまるまる空きました。

気分はなかなかいい感じです。

コーチ・トゥエンティワンは、
8月17日から新しいオフィスで仕事をスタートしました。

私も少し身軽になって、さらに大きく飛びたいと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事