Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


バーディーの理由

とうとう開眼しました。
しかも突然。

ゴルフを始めて十数年、スコアは100前後をずっとうろちょろしていました。
ところが直近のスコアは、85、83、91。
しかも、毎回のラウンドでバーディーを取っている。

何が起こったのか?

自分にとっても、この急激な変化はとても興味深いことです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

開眼したのは8月下旬。このコラムの執筆者の一人、伊藤と一緒にラウンドした後、
二人で練習場に行ったのがきっかけでした。

伊藤のドライバーの飛距離は、一般的なゴルファーの中では群を抜いています。
右から左にきれいな弧を描いて飛ばすドローボールが得意で、
260~270ヤードも飛ばすのです。

その打ち方を教えてもらうことになりました。

「右を向いて」
「はい、このくらいですか?」
「もっともっと右を向いて」
「えっ、そんなに? 怖くて向けないですよ」
「いいからもっと右を向いて。練習なんだから」

日ごろやらないことをやろうとするのは、勇気が要ります。

ところが、こうして、うまくいったり、うまくいかなかったり、を
30分ほど繰り返したあたりからでしょうか。
少しずつコツが分かってきて、意識してボールを曲げられるようになってきました。

ということは、逆に曲がっていくフェードボールも練習すれば打てるようになるはず。

次の休みの日に、一人で家の近くのゴルフ練習場に行き、
今度は、左から右に曲がっていく、フェードボールの練習。

フェードボールのコツも少し分かってきました。

それ以降、ラウンド中のすべてのショットの前に、右に曲げるのか、左に曲げるのか、
必ず、イメージを作ってから打つようにしたのです。

曲がり度合いをコントロールするにはまだまだ時間がかかりそうですが、
少なくとも、どちらに曲がっていくかは、
かなりの確率でコントロールすることができるようになっている。

「ゴルフはボールをコントロールするゲームだ」
誰の言葉かは忘れましたが、有名なプロゴルファーの言葉だったと思います。


それまでの私は、ボールをまっすぐ打つことばかりを考えていた。
ところが、ボールは右に行ったり、左に行ったり、
思いがけない飛び方をするわけです。
「あ、右だ!!」「うっ、左の林に入っちゃった!!」「あー、OBだ!」
で、どうしてそうなったかが分からない。

ところが、意図的に曲げる練習をし、毎回どちらに曲げるのかをイメージすることで、
予想外の飛び方をすることがなくなった。
失敗したとしても、その理由が前よりははっきりと分かるようになった。

以前より、格段にボールをコントロールできるようになってきています。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

コミュニケーションにも同じことが言えると思います。

どのようなコミュニケーションをとるのか、イメージを持ってから話し始める。
どのような雰囲気の会話にしたいのか、意図を持って話し始める。

やわらかいイメージ。
厳しいイメージ。
楽しいイメージ。


最初にイメージを明確に作り、そして、繰り返して実践することで、
かなりの確率でコントロールできるようになるのではないかと思うのです。

ゴルフも、そしてコミュニケーションも......。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事