Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


いくら話しても「伝わらない」わけ

「桜井さん、うちはコーチング以前の問題。
 リーダーが、ビジョンやゴールを
 しっかり伝えることすらできないんですから」

コーチングのトレーニングを勧めると、
こんなことを言われる方がいらっしゃいます。

では、いったいどうしたらこれらを「伝える」ことができるのでしょうか。


ある大手食品メーカーで、
マネジャーに対するコーチングのトレーニングを実施したときのこと。
半年間のトレーニング終了後、
どのような変化があったのかをみるための
リサーチを行いました。

・トレーニングに参加したマネジャー本人
・マネジャーの部下
・マネジャーの上司

のそれぞれに対して、

・マネジャー自身にどのような変化があったか
・所属チームにどのような変化があったか

を質問したところ、とても興味深い結果が出ました。


質問「トレーニング以前に比べて、参加者は部下の話を聞くようになった」

 →この質問に対しては、本人も部下も上司もすべて「大きく上がった」と回答。

質問「トレーニング以前に比べて、
   参加者は組織のミッションやゴールを明確に伝えるようになった」

 →この質問に対しては、本人の自己評価はそんなに上がってはいないが、
  上司と部下は「大きく上がった」と回答。


つまり、この二つの回答から推測されるのは、

 「マネジャーが部下の話を聞くようになったことで、
 組織のミッションやゴールが明確に伝わるようになった」

ということ。


私たちは、伝えるということを誤解しがちです。
伝えるとは、うまく話したり、何回も言ったり、
わかりやすく話したりすることだと思っている。

もちろんそれらは重要なことに違いはありませんが、
さらに大切なのは「話を聞く」こと。

ゴールやミッションについて、相手に問いかけ、話を聞く。
ゴールやミッションを題材にした会話を増やし、相手の話を聞く。

相手にとってみれば、話すことで初めて、
その内容が咀嚼され、理解され、その人のものになる。
まさに、オートクライン※が起こるのです。

・話しやすい雰囲気をつくる
・相手の話を最後まで聞く
・話す機会を増やす
・気づきや行動を促すような問いかけをする
etc......。

聞く能力は、トレーニング無しで上がることはありません。
「伝える」ために、私たちには、
良い聞き手になるトレーニングが不可欠なのです。

 
※オートクライン...
自分で発した情報を相手がキャッチするだけでなく、
自分自身も脳の中のレセプター(受容器)でキャッチすること。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事