Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


たった60分がもたらす未知の成果

コーチングを実践的に身に付ける手段として、
コーチ・トレーニング・プログラム(CTP)は
電話会議を使ってトレーニングをします。

最初に、アメリカからCTPを導入する際に、

「いったい電話会議システムでどのように学習するのだろうか?」

という疑問で頭がいっぱいになったものです。
最初のトレーナーを日本に呼んだとき、
そのことについて1時間ほど質問攻めしたことをよく覚えています。

そして、この疑問は、
今もCTPに関心を持たれる多くの方が最初に持つものです。

どんなに口で説明しても、文章で書いても、なかなか伝わりにくいため、
今は、実際に電話会議を使った体験トレーニングを実施しています。

ここで私はいつも、成人の方たちの学習能力の高さに驚かされます。


体験トレーニングは約1時間。10名ほどの参加者と1人の進行役で
進めていきます(私もその進行役の一人です)。

電話会議は一般的な固定電話から入るのですが、
普通の電話との最も大きな違いは、1対1ではなく、
1対多数が同時に話したり、聞いたりすることができるという点です。

ほとんどの方が初めて電話会議を使うので、
最初はだいたいこんな感じでスタートします。


(進行役)
「みなさんこんにちは」

(全員一斉に)
「こんにちは!」

(進行役)
「今日は1時間の体験トレーニングになります」

(ばらばらにいろいろな声で)
「はい!」
「わかりました」
「......はい」

このように、最初のうちは、進行役が何かを問いかけると、
時に一斉に、時にばらばらに、必ず返事をしてくださいます。

そこで進行役の私はこう言います。

(進行役)
「これからは毎回返事をしてくださらなくても大丈夫ですよ。
 お一人ずつお話をうかがっていきますので、ご自分の番でないときは
 話を聞いていてください」

このように伝えると、参加者の方は「話すモード」から「聞くモード」へと
切り替わります。

実はこの「切り替え」が、電話会議におけるトレーニングの最も重要なポイントです。
切り替えができると、「自分がどう話すか」というスタンスから、
「相手の話をじっくり聞く」というスタンスに入ることができます。
このスタンスに入ると、自分が話すときまで、
進行役と他の人の話をずっと聞き続けることができるのです。


コーチングのトレーニングの中で一番大事なのは聞く能力を上げることですが、
「集中して聞く」ということを実践する場は
私たちの生活においてほとんどありません。

実際、この体験トレーニングの最後に、
このトレーニングを受けてみてどんなことを体験したかとお聞きすると、
たいていの方は、
「こんなに聞くということに体力を使うとは思わなかった」
とおっしゃいます。
「聞くことって刺激的なんですね」という方もいらっしゃいます。


「聞く」というと、私たちは一見受身なことと捉えがちですが、
本当に重要なのは、単に話の内容を聞くのではなく、

・話し手はどういう背景があって、そのことを話しているのか?

・その人のコミュニケーションのとり方の特徴は何か?

・その人が外部情報を学習するときの傾向はどんなものか?

・話していることの言語外に込めているメッセージは何か?

・人との関わり方において重要視している価値観とは何か?

などを聞き分けることです。それだけ耳を傾けるポイントはたくさんあります。
しかし、それは、ある程度の時間、集中して耳を傾けることができなければ
聞こえないものです。

もう一つ、参加者の方から感想をうかがって驚くことがあります。
それは、聞いた内容をすぐに引用してコメントを話されたり、
進行役の話し方をすぐに真似て話されたりすることです。

わずか1時間のやりとりを聞いていただけで、
参加者のみなさんは、進行役の話し方や関わり方、
つまり、コミュニケーションのとり方を自分のものとして取り入れ始めるのです。
恐らくご本人は無意識なのだと思いますが、集中して聞いていることで、
このような変化が短時間のうちに生まれます。


「聞く」ことのトレーニングによる最大の成果。
それは「単に聞けるようになること」ではなく、
より多く聞けるようになることで、
「他の人から学ぶ能力が促進され、使える資源が増えること」なのです。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事