Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


「コーチング」は万能か?

先日、ある大手メーカーの役員の方から相談を受けました。

「社内でコーチングをもっと広めたいと思い、説明会を開いたのですが、
 その中で、幹部の一人が、

 『最近よくコーチングって話を聞くけど、本当に役に立つのかね?
  だいたいコミュニケーションを全部コーチングに変えるのは
  無理なんじゃないの?』

 と言うんです。コーチングってけっこう誤解されていますよね。
 この先、私はどうしたらいいんでしょうか?」

******************************

ツイッターを始めて2カ月ほどが経ちました。

新しい形のソーシャルネットワークがどのようなものなのか知っておきたい、
今後のビジネスに与える影響や可能性を知っておきたい、
と思って始めたのですが、
現在のところ、情報収集という点においてとても役に立っています。

コーチングについての情報も豊富に流れています。
 
ところが、読んでいて感じるのは、
コーチングに対する誤解や誤用がなんと多いこと。

コーチングは、10年前とは比較にならないほど
知られてきていることは確かで、
それはそれでとてもうれしいことではあるのですが、
必ずしも正しく理解されているとは限らない。
拡大解釈されていたり、一人歩きしていたりするところもあるようです。

その中でも、よくある誤解や誤用は、

「コーチング=褒めて育てる」
「相手の話を全部聞く」
「セラピーやヒーリングとの混同」
「コーチングで全部解決できる」
「叱ってはいけない」
「時間がかかる」
「コーチが解決しようとする」
「意図的に導く」

......などなど。


特にマネジメントにコーチングを取り入れる場合、

「コーチングが万能で、全部をコーチングに変えた方がよい」

というようなニュアンスが間違って伝わってしまうと、

「そんなことができるわけない」
「現場を知らない」
「役に立たない」

など、冒頭のような反発が起こるのだと思います。
けれど、それはもったいない誤解です。


本来、マネジメントは指示もしなければならないし、ティーチングも必要、
飲みに連れていくこともあるし、叱咤激励をしたほうがいいときだってある。

ポイントは、それだけではなく、
そこにコーチングがプラスされることが重要だということ。

コミュニケーションの中で、自在にコーチングを使い分けられるということが、
結果として大きな違いを生むということなのです。

******************************

結局、冒頭の役員の方の相談には、こうお答えしました。

「確かにすべてを変えようとすると反発を招くかもしれませんね。
 みなさん、少なからずこれまでのマネジメントに
 プライドを持っていらっしゃるでしょうし。

 でも、

 『コーチングは決して万能ではない、
  けれど普段のコミュニケーションにプラスし、
  さらに使い分けることで、
  強力な武器になるコミュニケーションスキルです』

 と伝えてみたらどうでしょうか。

 コミュニケーションを全部変える必要なんてないんです。

 ただ、部下育成、信頼関係の構築、クロージング......など、
 もっともふさわしいタイミングで使える強力な武器が増える。
 そのことは多くのリサーチでも実証されていますから」


いざというとき、
コミュニケーションにおいて揺ぎない後ろ盾があるということ。

みなさんは、コミュニケーションにおいて、どんな武器を持っていますか?

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事