Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


「はやぶさ」と「日本代表」

先月、はやぶさが数々の困難を乗り越えて、7年ぶりに帰還しました。
回収されたカプセルの中には小惑星「イトカワ」の砂が入っているかもしれません。


地球から3億キロ離れた直径わずか540mの「イトカワ」に行って着陸し、
サンプル採取をして地球に戻ってくる。

イオンエンジンによる惑星間飛行。
自律航法。

学生時代に、アイザック・アシモフやアーサー・C・クラークの宇宙SFものに
どっぷりつかった私としては、とても惹かれる話題です。

また、数々の困難を乗り切ってこのプロジェクトを成功に導いた
関係者の方々の喜びは計り知れないものだったと思います。

地球からの指令には、往復40分の差が起こってしまうため、
自分で判断して行動を決める、自律航法という
プログラムが搭載されていた「はやぶさ」。

現場で自ら情報を集め、判断し、軌道修正していた「はやぶさ」。

「はやぶさ」は、まさに自分自身のリーダーシップを発揮して
このミッションを成功に導いたのです。

******************************

先般幕を閉じたワールドカップで、日本代表が迎えた予選リーグ第3戦。
引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる大事な一戦です。

序盤、日本代表はデンマーク代表の猛攻にさらされました。

このとき岡田監督は、守りを固めるために、
中盤の選手を下げるようフォーメーション変更の指示を大声で出していたそうです。

ところが、あのブブゼラの大音響にかき消されてしまい、声は選手に届かない。

「どうすればいいのか...」。
そんな岡田監督の気持ちに反して、
選手たちは、自らの判断で、守備的なフォーメーションに変えたのだそうです。
そして、それはまさに岡田監督の思ったとおりのフォーメーションでした。

試合後、岡田監督が、
「試合に勝ったことはもちろん嬉しいが、
ここまで選手たちが自分で考えて動けるようになったことが、それ以上に嬉しい」
と、喜んでいる談話を聞きました。

******************************

私たちのコミュニケーションに関しても、同じように見ることができます。

私たちはほぼ自動的に、それがいいと思ってコミュニケーションをとっている。
今話している会話も、自分ではそれがいいと無意識的に思っているから
その言葉を使っているし、その声、その表情で話している。

今こうやって書いているこの文章も、
私自身がいいと思っているから書いている。

しかし、いくら自分で
「私の文章は分かりやすいはずだ!」
「私は分かりやすく説明している!」
と言い張っても、それは思い込みにしか過ぎません。

会話の相手や読み手がどう受け取っているか、
相手にどう影響しているかは、
実際のところ、その本人に直接聞かなければ分からない。
フィードバックがなければ分からないのです。

フィードバックを自ら受け取りにいく姿勢がなければ、
私たちはいつの間にか裸の王様になってしまうでしょう。

コーチングスキルのトレーニングにおいても、
フィードバックを自ら受け取れるかどうかが、
成果の鍵を握っています。

司令室からずっとコントロールされ続けるならともかく、
私たちは一旦現場に出てしまえば、
多かれ少なかれ自分で判断して行動する必要があります。

目標にいち早くたどり着くためには、
自らフィードバックを取りにいき、それを元に軌道修正していく、
「はやぶさ」や「日本代表」のような自律性の発揮が必要不可欠なのではないでしょうか。


 --------------------------------------------------------
  《 アンケート 》 この記事を読んでのあなたの感想は?
 --------------------------------------------------------

◆ とても役に立った
◆ 役に立った
◆ 普通
◆ あまり役に立たなかった
◆ 役に立たなかった

投票結果を見る

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事