Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


「オーガニック成長」を実現させるリーダー

吸収合併、買収などによってではなく、「ビジネスを内から大きくさせること」は、繁栄している企業の特徴の一つです。

もちろん、吸収合併などによって大きくなった企業も、いずれは、統合整理して、買収したビジネスそのもので、「オーガニック成長(organic growth)」をしていく必要があります。

収益・売上の増加によって会社が拡大することを意味する、「オーガニック成長」。

しかし、あらゆる企業が、高い「オーガニック成長」を求めているにもかかわらず、組織が大きくなればなるほど、それを維持するのも難しくなります。

それは、一体なぜなのでしょうか?

一つは、単純に「数学」の問題です。会社の既存のビジネス・ベースが広くなればなるほど、2桁の「オーガニック成長」を達成することは、より困難になります。

また、もう一つの原因として、組織文化という側面があります。

予測、割り当て、予算、方針、政策、手続き、指示命令、スタンダード(基準)......。

企業のエグゼクティブたちにとって、広範囲のマネジメントに役立つはずのメカニズムが、実は意図していないところで、その会社のイノベーションと成長を抑圧している場合があるのです。


グローバル・マネジメント・コンサルティング・ファームのHealthy Companies International社は、20年に渡って実施したリサーチで、組織の成長を阻害する要因には共通点があることを発見しました。その一部をご紹介します。

◆過去のデータを過信している
その過去データは、新しいチャンスを見い出すことを可能にしてくれるものだろうか?

◆お役所的な仕事のやり方(bureaucracy)が、起業家精神を握り潰す
もしそれがイノベーションの障害になるものならば、その企業の成長はそこで止まる。

◆「大きいものだけが美しい」という信仰
数多くの「小さなアイデア」の蓄積がもたらす価値が、「大きなアイデア」の影に隠れてしまってはいないだろうか?

◆全てのプロジェクトを対等に扱うことに固執している
全ての企業活動に同じだけ集中することは、「枠を超えた発想」を殺してしまう。

******************************************

とはいえ、上述のような障害を乗り越えて、大企業の中で、一貫して早いペースで、「オーガニック成長」を創り出しているリーダーたちは確実に存在します。

こうした「成長リーダー」は、2桁の「オーガニック成長」を実現するために、会社にある既存のリソースを活用しながら、起業家のような動きをします。

また、成長リーダーは以下の点で、他の人材と違うと言われています。

1.成長リーダーは、違うことを知っている (They know differently.)
2.成長リーダーは、違うように見ている (They see differently.)
3.成長リーダーは、違う行動をする (They act differently.)


では、このような「成長リーダー」は、果たしてあなたの組織のどこにいるのでしょうか? そして、「成長リーダー」はどうやって開発すればいいのでしょうか?

残念ながら、「成長リーダー」の開発も含めた、「オーガニック成長」の実現におけるプロセスを持っている企業は、ほとんどありません。

マッキンゼーが2010年3月に実施した調査によれば、

「自分の会社で実施されている社員育成プログラムは、会社の業績を上げるのに必要不可欠なケーパビリティを築いてくれている」

と答えた企業のエグゼクティブは、わずか1/3でした。

多くの企業のシニア・エグゼクティブたちが、「組織文化」と「リーダーシップ開発」と「数値化された会社の成功」をなんとかリンクさせようと奮闘しているのです。

******************************************

「ORGANIC」という英語は、「有機的な~」といった使い方もします。「有機的」 とは、「多くの部分が緊密な連関をもちながら全体を形作っているさま」を指します。

「組織を有機的につなげて、無駄の無い連携プレーで価値ある成果を生み出し、自ら成長する」。

そのためには「真の成長のためのリーダー」を組織内に養成し、彼らを各所に配置して「オーガニック成長」を達成する必要があります。

企業というのはどこもそうですが、大きくなればなるほど、お役所的になりがちです。だからこそ、組織の各部署に、それを阻止し、常に横の連携を取りながら、所属部署の利益だけでなく、会社全体の利益を考えて動くような力のある人材が求められています。

そして、そのようなリーダーは、開発することが可能なのです。


【参考文献】
Leadership Development Goes Organic
Stephan Parker and Mark Smith
Copyright MediaTec Publishing Inc.

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事