Coach's VIEW

Coach's VIEW は、コーチ・エィのエグゼクティブコーチによるビジネスコラムです。最新のコーチング情報やコーチングに関するリサーチ結果、海外文献や書籍等の紹介を通じて、組織開発やリーダー開発など、グローバルビジネスを加速するヒントを提供しています。


「育成」か「一人前」か

「育成」か「一人前」か | Hello, Coaching!
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

私たちの行動は、言葉の影響を強く受けています。

人から何かを言われて行動を起こすこともあるし、
自分の内側の言葉に従って行動するときもある。

この自分の内側の言葉を「セルフトーク」といいます。

人との会話の影響を受けて、セルフトークが変化し、行動が起こる。
そう考えれば、私たちの行動は最終的には
セルフトークによって起こっていると言えるでしょう。

つまり、セルフトークが変わらない限り、行動は変わらない。

ああしろ、こうしろと言われると、
その瞬間は圧力に負けて行動するかもしれません。

しかし、内側のセルフトークが変わっていなければ、
いずれもとに戻ってしまうのです。


言葉はイメージのシンボルです。
同じ言葉を聞いても、人によってイメージすることは違ってきます。

たとえば、「営業」という言葉から、皆さんは何をイメージしますか?

・お客様の役に立つ
・お客様にうまくいってもらう
・金額以上の価値を提供する
・対等な関係
・楽しい
・お客様にとってなくてはならないものを提供する
・買ってもらう
・お客様にお願いする
・売りつける
・安いものを高く売る
・つらくて大変
・難しい
・お客様の方が上 ......。


「営業」という言葉で何を思い浮かべるのか、
「営業」という言葉からどのようなセルフトークを発展させているのか、
それによって起こる行動はまったく違ったものになるでしょう。

行動的な人は、行動が起こるようなセルフトークをしている。
行動が起こらない人は、起こらないようなセルフトークをしている。

*****************************

私は長い間、周囲の方々に
「もっと桜井さん自ら部下を育ててほしい、育成してほしい」
と言われ続けてきました。

言われるとその瞬間は、面談したり、勉強会を開いたりするわけですが、
なかなか長続きしない。


昨年末に、2011年の抱負についてコーチと話しているときのこと。
案の定、部下育成の話題になりました。

そこで、コーチが私に質問しました。

「育成とか、育てるということに対して、どう思っているのですか?」

そこからはじまったやり取りの中ではっきりしたことは、
私にとって「育成」という言葉は、聞くと気が重くなる言葉だということ。

もちろん、部下には一人前になってほしいと思っています。
でも、もしかしたら、部下はそれを望んでいないかもしれない。
そういう部下を相手に、自分から手をかけて育てると思うと
気が重くなるわけです。


次のコーチの質問は、
「一人前というのはどういうことですか?」

私は部下に一人前になってほしい。
一人前同士、対等な関係で楽しく仕事をしたいと思っている。

と同時に、一人前というのは、自分でなっていくものだとも思っている。
一人前になりたいと思う部下が、自分で一人前になる。
私としても、一人前になりたいと思っている部下に対して、
サポートするのはぜんぜん苦にならないし、それはとても楽しいこと......。


この間、5分間ほどだったと思います。
「育成」から「一人前」へ。

私の中のセルフトークは確実に変化しました。

*****************************

年が明けて、早くもひと月が経ちました。
この一ヶ月で私が部下に対して行ったトレーニングは、
すでに昨年一年間の量を超えています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

組織へのコーチング導入や組織リサーチ、グローバル人材の開発についてなど、お気軽にご相談ください。

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事