Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


イノベーション

とある調味料メーカーの話です。

製造・販売している調味料のうちの一つが、


売上低下という事態に陥りました。

そこで、マーケティングや営業の優秀な人材を集めて


社内会議が行われ、


「どうしたら売上を上げられるのか?」を徹底的に話し合ったそうです。

検討されたいくつかのアイデアは、実行に移されました。


しかし、売上はなかなか伸びなかった。

その後、ある女性社員がイノベーティブなアイデアを提案しました。


そして、そのアイデアを実行した結果、実際に売上が倍増したのです。

いったいこの女性社員は、


どのようにこのアイデアを生み出したのでしょうか?


現代は、常に革新的なクリエイティビティやイノベーション※が


求められています。

そして、リーダーは、


組織にクリエイティビティやイノベーションをもたらす存在です。

(※ここでいう「イノベーション」とは、


 新しいものや捉え方や活用方法を創造することで、


 新たな価値を生み出して、社会を変化させていくことを意味します)

ボストン・コンサルティング・グループが


2010年に実施したリサーチによると、


72%のエグゼクティブが、リーダーに最も必要な能力として、


「イノベーション」を挙げました。

そして、

「『イノベーション』に注力した組織は、


 そうでない組織に比べ、最大で6倍の株主利益率をもたらしている」

と報告しています。

それでは、組織にクリエイティビティやイノベーションをもたらすため、


私たちはどのようなことを意識していけばいいのでしょう。

イノベーター研究で有名な、


ブリガム・ヤング大学経営学部のジェフリー・ダイアー教授たちは、


イノベーターの要素として、5つの要素を導き出しました。

そのうちの一つとして興味深いのが、「問いかけの力」です。


さらにいえば、「どのように」といった問いよりも、


「仮に」や「なぜ」という問いのほうが、


イノベーティブな思考を引き起こすのに効果的であるそうです。

「現状を少しだけましにする『どのように』という問いでは、


 小さな改善に向かってしまう可能性が高い。


 大きな変化につながるのは『仮に』や『なぜ』が効果的だ」

ダイアー教授たちは、『The Innovator's DNA』という論文の中で


そう述べています。


私がコーチさせていただいている、あるメーカーの開発部長は、


定期的にさまざまな階層や部署のメンバーを5~6人集め、


新商品開発の会議を実施しています。

その会議の名前は「もしも会議」。

「もしも~こんな商品があったら世の中はどうなるだろう?」と、


必ず冒頭に「もしも~」をつけて、問いかけを作るというルールです。

すると不思議なことに、発想がより自由になり、


様々なアイデアが飛び交うようになる。


結果、ヒット商品が生まれるのだといいます。

先の調味料メーカーの女性社員も、


アイデアを出す際、問いかけの力を利用しました。

彼女の問いかけは、「どうしたら売上が上がるか?」に始まり、

「なぜ、売上が伸びないのか?」


「早く売れるためにできることは何だろう?」

と変化していきます。

そして、最後に出てきたのが、次の問いかけでした。

「仮に、調味料の穴が2倍の大きさになったら、どうなるんだろう?」

このアイデアが、売上倍増につながったのです。

「仮に」と「もしも」は、私たちがイノベーションを生むための、


魔法の問いかけなのかもしれません。

【参考・引用文献】


1."Global Leadership Forecast 2011"


  Development Dimenstions International, Inc., MMXI, Allrights Reserved.


2."The Innovator's DNA"


  Jeffrey H.Dyer,Hal Gregersen, and Clayton Christensen.


  Harvard Business Review 2009 3.


3.『アイデアのヒント』 ジャック・フォスター著


  阪急コミュニケーションズ刊

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事