Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


交差点

「企業を存続させるために、
 今ほどイノベーションが求められている時代はない」。

私がエグゼクティブ・コーチングをさせていただいている
クライアントの方の多くはそう声高に訴えます。

米国DDI社が今年発表したグローバル・リーダーに関する
最新のリサーチ(世界74ヵ国、1,897人のHRプロフェッショナルと
12,423人のリーダーが対象)によると、

「リーダーに今後3年間で最も必要になるであろう能力は何か?」
(複数回答可)

という問いに対して、35%の方が

「クリエイティビティとイノベーションを育てるスキル」

を挙げています。

また、

「リーダーに最も欠けているスキルは何か?」
(複数回答可)

という問いに対しては、回答者数トップの50%の方が
同様のスキルを挙げています。

これらのリサーチ結果からも、今時代はリーダーに、
イノベーションを求めているということがいえるでしょう。

それでは、リーダーがイノベーションを発揮するためには、
どのような方法があるのでしょうか。


「メディチ・エフェクト」という言葉があります。

時は中世ヨーロッパ。

イタリア・フィレンツェの富豪メディチ家のもとには、
様々な分野の文化人、芸術家、経済人など多種多様な人々が集まり、
互いに学び合い交流をしていました。

そこでは、異なる文化、領域、学問がぶつかり合い、融合し、
その結果、新しく画期的なアイディアがいくつも生み出され、
後に世に言うルネッサンスが開花したのです。

『メディチ・インパクト』の著者フランス・ヨハンソンは、

「異なる文化・分野が出会う場、つまりは『交差点』こそが、
メディチ・エフェクトが起こる最適な場であった」

と著書の中で説きました。


この「交差点」、現代では次のような環境で創られ、
イノベーションをもたらしています。

たとえば、今日、
世界中で遺伝子に関する研究が盛んに行われていますが、
その中の学問分野の一つが「バイオインフォマティクス」です。

この学問では、遺伝子予測や遺伝子配列などを研究対象としています。
この学問の背景には、応用数学、統計学、応用物理学、
コンピューターサイエンス、計算機科学などがあり、
携わる研究者の方々が、多くの異なる分野の「交差点」を
創り出したことから生まれた学問領域といってもいいでしょう。

また、私が以前お会いした、
ある自動車メーカーの製品開発の部長様は、
イノベーションについて情報交換をさせていただいたとき、
自身の取り組みとして、次のようなことを教えてくださいました。

「あえて、私たちの世界や業界と違う人たちと話すことをよくします。
 たとえば、アパレルメーカーの方やハウスメーカーの方とか。

 いろいろな文化や背景をもった方々と出会うことで
 インスパイアされるものがあるんです。

 ですから、会社でも、
 多くの部署とコミュニケーションをするような『場』を
 意識的にデザインしています」

実際、「交差点」での交流を通じて閃いたアイディアが
製品づくりに活かされることもたびたびあるそうです。

しかし、「場」が生まれるだけで、
アイディアが閃くわけではありません。

そこで、より意味あるイノベーションにつなげていくための
大切なポイントが「関連づける力」です。

この部長様の場合は、

「この車と、今流行の洋服と、
売れている住まいとの共通点は何だろう?」
とスタッフに問いかけてみたり、
会議で専門紙以外の雑誌を数冊持ち寄り、
無造作にページをめくってみたり、と
今の自分たちの抱えている課題と結びつかないか、
ゲーム感覚で取り組んでいるそうです。

こうした一見無関係なものと今ある課題とを「関連づける」ことは、
新たなインスピレーションを生み出すきっかけとなります。

実際、この「関連づける力」は、ハーバード大学の調査において、
「イノベーター」と「そうでない人」のポイントとして
あがってきた特性の一つでもあります。調査結果によると、

「経験や知識が豊富になればなるほど、
 脳の関連づける能力が高くなり、
 新しいものを見たときに、今までにない関係に気づく。
 その一部が、斬新なアイディアとなる」

そうです。

スティーブ・ジョブズ氏(アップル社元CEO)も生前、
「創造力とは、いろいろなものをつなぐ力だ」と言っていました。

とはいえ、「関連づける力」を発揮させるには、
やはり、まずリーダーが「交差点」を生み出すことが前提となります。

知を集積させる機会を意図的に創り出し、
それを通じて、知を課題と関連づけることによってはじめて、
時代が求めるイノベーションは生み出せるのではないでしょうか。

あなたは、リーダーとして、
自身と自組織にどのような「交差点」を創りますか。

【参考文献】
1. "Global Leadership Forecast 2011"
  Development Dimensions International, Inc., MMXI, All rights Reserved.
2.『メディチ・インパクト』フランス・ヨハンソン著
  (ランダムハウス講談社刊)

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事