Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コミュニケーション『量』について考える

あるメーカーで社長をされているSさんは、
3年間で会社全体の会議を約50%削減することに成功しました。
それが今の好業績にも寄与したと言います。

会議を削減するために、
Sさんが「増やそう」と言い続けていることがあります。
それは、「雑談」です。

数千人の社員に対し、

「自分の職場内はもちろん、組織の枠を超え、
 毎日一人でも多くの人と雑談をするように」

と、会社全体のコミュニケーション量を増やそうとしているのです。

Sさんが目指しているのは、
「すべての会議をなくし、雑談の中で
 仕事に必要なやりとりを完結する世界」だそうです。

Sさんの考えはこうです。

「会議の開催に合わせて組織が動くのは時間の無駄です。
 誰もが、必要なタイミングで、必要な人と話せば、
 仕事のスピードは速くなるはず。

 ただし、これを実現するためには、
 互いに信頼し、何でも言い合える『関係性』が必要です。

 そのような関係をつくり、維持するには
 日頃から『雑談』をしている必要があるんです。

 雑談も出来ない相手と、大事な仕事のやりとりが
 できるはずがないですからね」

こんな論文があります。

ルネ・スピッツという精神科医が
1945年に発表した「ホスピタリズム(施設病)」(※1) です。

スピッツは、3つの異なる環境で、
子供たちの発達状況を調査しました。

(1)普通の家庭で育つ子供
(2)乳児院で養育されている子供
(3)罪を犯した母親とともに暮らす施設の子供

彼が追跡調査をした結果は驚くべきものでした。
(2)の乳児院にいた子供たちの死亡率が、他の2つに比べて圧倒的に高く、
3分の1以上が死亡、もしくは何らかの発達障害を引き起こしていたのです。

その理由は、すぐには分かりませんでした。
子供の衛生面や栄養面は、他の2つと変わりなく満たされていたからです。

ところが、(2)が他と違っていたことが1つだけありました。
それは「コミュニケーションの量」でした。

(2)は、他の2つと比べて、子供をケアする人数が少なかったことで、
コミュニケーション量が不足していたのです。

その後、子供の生存には「他者とのコミュニケーション」が
必要であると考えられるようになりました。

理化学研究所脳科学総合研究センターの藤井直敬博士は、
著書『ソーシャルブレインズ入門――【社会脳】って何だろう』(※2)の中で
「ホスピタリズム」の例を出し、次のように述べています。

「自己の存続のために他者との双方向のコミュニケーションを必要とするのは、
出生直後の子供だけでしょうか。
おそらくそれは生涯続く基本的な欲求なのではないでしょうか」と。

Sさんが「雑談を増やす」という分かりやすいメッセージを使って
社内のコミュニケーション量を増やすことに成功しているのは
そもそも私たち人間が、「双方向のコミュニケーション」を
基本的な欲求として欲しているからだと考えられるのです。

さらに興味深い研究結果があります。

ハーバードビジネススクールのTsedal B. Neeley教授らによる
2010年の研究結果によれば、
「大量のコミュニケーションが、仕事をより早く円滑に完了させている」
というのです。(※3)

調査前、教授らはこのような大量のコミュニケーションを
「時間の無駄」だと考えていました。

ところが、研究を進めていくうちに、
対面、メール、チャットなどの方法にかかわらず、
「意図的に大量のコミュニケーションをとる」人は、
そうでない人と比較して、より早く、より円滑に仕事を進め、
完了している傾向がある、ということが分かったのです。

しかも、「メッセージの明確さ」というコミュニケーションの「質」よりも、
「どれだけ沢山か」というコミュニケーションの「量」の方が
有効に機能している、ということも分かりました。

コミュニケーションの「量」がパフォーマンスに影響するのだとしたら、
その理由は何でしょうか。

それは、スピッツの調査が示唆するように
「コミュニケーション量そのものが私たち人間の基本的な欲求である」
ということと関係があるのではないでしょうか。

コミュニケーション量そのものが
私たちの基本的な欲求であるのなら、
その欲求が満たされているかどうかが、
組織におけるメンバーのパフォーマンスに
何らかの影響を与えても不思議ではないからです。

先のSさんは、こう述べています。

「全ての会議を無くすのは無理かもしれません。
ですが、業務時間中のコミュニケーション量を増やしたら、
不要な会議は自然に減りました。

かつては、社員どうしの関係構築を、
社員旅行、運動会、職場の飲み会のような
業務時間外のコミュニケーションに頼っていました。

しかし、今はそういう時代ではなくなったのかもしれません」

情報伝達の効率性を重んじるとき、ともすれば
コミュニケーションの「質」ばかりに目が行きがちです。

しかし、組織におけるメンバーの関係性について考えるなら、
コミュニケーション「量」に目を向けることにも十分な価値がありそうです。

あなたの職場のコミュニケーション「量」はどのくらいですか。

【参考文献】

※1
Spitz, R.A. (1945).
Hospitalism -An Inquiry Into the Genesis of Psychiatric Conditions in Early Childhood.
Psychoanalytic Study of the Child

※2
『ソーシャルブレインズ入門――【社会脳】って何だろう』
藤井 直敬 (著) (講談社現代新書)

※3
"It's Not Nagging - Why Persistent, Redundant Communication Works"
Harvard Business School, 2010 President and Fellows of Harvard College

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事