Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コミットメント・チェック

誰もがコーチを必要としているかもしれませんが、
誰に対してもコーチングが効果的であるとは限りません。

コーチングは、「成果を手にしたい人」のためのものです。
より早く、より確実にゴールに到達することを促進する方法であり、
対象者自身に達成や成長の意欲があることが大前提となります。

また、もしコーチング以外の方法が適切であれば、そちらがベターでしょう。
コーチングが適するか否かは、使う側が自ら選択することが重要です。

そして、これらの点は、コーチングの開始前に、
慎重に確認・合意される必要があります。
コーチングの効果に大きく影響を与えるからです。

あるクライアントからご紹介頂いたA氏。
彼は大きなチャレンジに直面し、何らかのサポートを必要としていました。

コーチングに関する一連の説明が終了した時点で、
私自身が、A氏をコーチすることに躊躇しました。

自ら達成・成長することへの情熱の不足、
秘策があれば教えてほしいという依存的態度。
これらは、私がコーチとして成果を保証できない要因と感じました。

そこで、私は、一連の質問を通じてコミットメント・チェックを行いました。

「説明の通り、コーチは解決策を提供する専門家ではありません。
 コーチという方法は、あなたにとって本当に適切ですか?」

「コーチングは、ゴールに向け、あなた自身が挑戦し続けるプロセスです。
 あなたは、挑戦に向き合う準備ができていますか?」

そして最後、下記の点を確認して別れました。

「今、回答を出す必要はありませんが、
 いつまでにお返事頂くことを約束できますか?」

A氏の回答は「1週間」でした。

そして、約2週間後、A氏からお返事が返ってきました。
「まだ決められないが、前向きだ」というものでした。
約束の期限を超えての返事でした。

「合意した約束を守れない場合、私はコーチとして成果を保証できません。
 残念ながら、今回、私はコーチとして支援することができないと考えます」

率直に伝えました。

コーチングでは、「やる」と決めた約束が実現されることが、成果の大前提となります。
実際に、本人自身が「やる」と決意したとき、明らかに効果が高まります。

弊社には、週1度、月4回の電話会議クラスへの参加が要求される、
コーチ型リーダー養成プログラムがあります。

原則としては、全回出席を要求しますが、業務上の都合を考慮し、
月4回のうち1回は欠席が認められ、3回の出席でも履修となります。
つまり、75%の出席率でよいことになります。

我々は、本プログラムを続ける中で、
「毎回出ようとしている人と、そうでない人の成果の差異」を感じていました。

そこで、コーチング研究所が、プログラム履修期間である8ヶ月中、
出席率が100%の受講者と、80%未満の受講者について、
他者評価に基づく「コーチ力の伸び」を比較してみました。

結果は、下記の通りでした。

  出席率100%の受講者 :0.39ポイントの伸び
  出席率80%未満の受講者 :0.17ポイントの伸び

なんと「2倍以上の差」が生まれていたのです。

多忙な中、100%の出席率ということ自体に脱帽します。
そして確かに、「何があろうとも、機会を使い切る」と決断した人には
大きな成果が帰属するようです。

逆に言えば、コーチングの成果は、
最初の時点である程度決まり得る、とも考えられます。

誰かを成果に向けてコーチする上で、

・本人がどれだけ成果に執着しているか
・方法として、コーチを使うことに前向きか

という点は、確認する価値があります。

実際、私達は、コーチングを開始するに当たり、
下記のような確認を通じて「コミットメント・チェック」を行います。

 ・コーチングで扱うミッション、ゴールに対して意欲的であるか?
 ・コーチングという機会は、支援方法として相応しいものであるか?
 ・コーチングで提供される機会(課題等)を最大限活用する意思があるか?
 ・成果に向けてコーチとの間でなされた約束を守る意思があるか?
 ・コーチは、自分が成果を上げるために相応しいか?

この確認の過程で、相手のコミットメントを確認し、それを引き出します。
先日メールマガジンの読者の方に行ったアンケートでは、
「コミットメント・チェック」に有効な質問について、
多くのアイディアを頂きました。

 ・あなたは何を目指そうとしているのか?
 ・本当に今、やりたいことなのか?
 ・それを実行しないとどうなるのか?
 ・この決断をしなければ、どうなるのか?
 ・決断に対して自信を持ってYesと言えるか?

皆さんが今一度コミットメント・チェックをしたい方はどなたでしょうか?
どのような問いかけが有効でしょうか?

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事