Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


『問題発見リーダー』になるには

優れたリーダーは、優れた「問題解決者」であり、
同時に優れた「問題発見者」でもあります。

ここでいう問題とは、「あるべき姿」と「現状」とのギャップです。
「あるべき姿」と「現状」把握が明確で正確であるほど、
ギャップを埋める「問題解決」はそんなに難しい事ではないのかもしれません。

しかし、先が見えないといわれる今は、
「あるべき姿」が見えにくい状況にあります。

「あるべき姿」と「現状」を特定し、「問題」を見出す。

リーダーには、そうした「問題発見力」が、一層問われているといえます。

では、いかにしたら、リーダーの「問題発見力」を
向上することができるのでしょうか。

私が以前コーチングしていたAさんは、
持ち前の論理的能力を買われ、新興国における
ジョイントベンチャーの新規事業立ち上げリーダーに抜擢されました。

Aさんは赴任後、短時間で立ち上げプランを作成し、
そのプランを「論理的に」部下たちに伝えていきました。

なぜなら、それが、今までに数々の成功を積んできた、
Aさんのスタイルだったからです。

しかし、なかなか思うような結果が出てきません。
部下たちが、Aさんの望むような行動をとらないのです。

そこで、Aさんはプランをより精緻化し、
いっそう論理的に説明することを繰り返しました。

私がコーチングのご依頼を受けたのは、そんな最中でした。

私は、早速、Aさんの周囲の方々に
インタビューや360度アセスメントを実施しました。

その中で挙がってきたフィードバックは

「Aさんの戦略や戦術は正しいと思うが、Aさん自身の想いが伝わってこない」
「そもそも、リーダーが一方的で、話を聞いてくれないので、やる気がおこらない」
「Aさんは論理的ではあるが、人間味に欠ける」

など、Aさんが作り上げたプランについてよりも、
Aさんの「リーダーとしてのあり方」に対する
フィードバックが多く挙がってきたのです。

結果が出ない「問題」は、

「部下への説明があいまいで論理的でないから」
「プランが精緻でないから」

ではなく、むしろ、自分のリーダーとしてのあり方が
部下の求めるリーダー像と違うことの方が
問題だったことが浮き彫りになったのです。

それ以来、Aさんは、自身が気づいていない問題を発見するために
フィードバックを意識するようになりました。

「何が今、問題なのか」
「どうしたら、結果が出そうか」

などについて部下や周囲の方に、頻繁にフィードバックや
意見を求めるようになりました。
必要であれば、自身の言動を修正することもありました。

半年後、業績は上向き始めました。

第三者からの「フィードバック」は、自身に見えていない
新たな視点を与えてくれるものです。

視点が増えることで、何が本当の問題なのかが
見えてくることがあります。

光を一方方向から照射すると、その物の一部しか見えませんが、
たくさんの光源から照射すれば、その全容が明らかになることと似ています。

ですから、いろいろな対象者にフィードバックを求める行動は、
自身の「問題発見力」を高めることに繋がります。

次に、「質問」です。

アインシュタインが「正しい質問さえあれば、正しい質問さえあれば・・・」と
繰り返し述べたように、「質問」は、「問題発見」の強力なツールです。

1980年代、半導体メーカーのインテルは、
自社のアイデンティティであり続けたメモリ製品が
日本メーカーの攻勢で窮地に追い込まれました。

その製品に多くのリソースを割いてきた経営陣は、
当初、いかにこの苦境を乗り越えるか、
コスト削減や営業力強化などの「問題解決」に頭を砕いていたそうです。

しかし、議論を重ねる中で、経営者の1人であるアンディ・グローブが
問いかけた質問によって、それまでと違う結果を導き出すに至ったのです。

その質問は、

「僕らがお払い箱になって、取締役会が新しいCEOを連れてきたら、
 そいつは何をするだろう?」

というものでした。

この質問は、経営陣が持ち続けていたメモリ製品へのこだわりよりも、
その製品がコモデティ化し、過激な低価格競争にはまり込んでいく可能性の強いこと、
それが会社の存続そのものを脅かしかねないという未来イメージをも引き出しました。

そこには、今まで経営陣に見えていなかった「問題」がありました。
そこで、経営陣は痛みを感じながらも、メモリ生産の撤退を決断します。

この「問題発見」が、インテルをさらなる成長に導いたのは言うまでもありません。

「もし~だったら」の質問が、
さまざまな制約を超えて、「問題発見」を促進するきっかけを与えました。

リーダーが、自身と組織の「問題発見力」を向上させるには、
「フィードバック」と「質問」をうまく使っていく必要があるようです。

【参考資料】
Andrew S. Grove "Only the Paranoid Survive"

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事