Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


関連性

「上司」と言われる方々は、意識するしないに関わらず、
日々、「自分の行動」が「部下の状態や行動」にどのように関連するかを
考えているものです。

ある日、部下をほめたら、部下のやる気が上がった(ように見えた)。

とすると、上司の中で、自分の「ほめる」という行為と
部下の「やる気」には関連性がある、という仮説が打ち立てられます。

また、別の日に部下を強く叱ったところ、部下の行動が改善された。

すると、自分の「叱る」と部下の「行動の改善」には関連性がある、
と考えます。

このように、自分のどの行為が、部下のどの行為や状態に結びつくか、
そのつながりを懸命に探しているわけです。
いろいろ試し、本を読み、先輩に聞き、研修で情報を得、
できるだけ汎用的な関連性を見つけたいと思っています。


コーチング研究所では、リーダーのどのような行動が

部下のどの行動と関連性が高いのかを、膨大なデータから割り出そうとしています。

例えば、「私はこの会社のビジョン、方向性を理解している」という
部下の状態と関連性が高いリーダーの行動は、

「組織の戦略を明確に示している」や
「節目だけでなく日常でもビジョンの話を持ち出している」

という行動であることがわかっています。

これは、「料理に塩をふる」という行為と
「料理がしょっぱい」につながりがある、
というのと同じ位、わかりやすいケースでしょう。

一方、研究所の最近のデータでは、
ちょっと驚くような結果もいくつか出てきています。

例えば、部下側の「私は創意工夫をしながら仕事に取り組んでいる」と
最も関連性の高いリーダーの行動は、
「部下に話しかけられたら手を止めて話を聞いている」でした。

これは、想像が及びにくいのではないでしょうか。

自分が仕事に集中している時に、部下に話かけられたとします。

その時、瞬時に「今ここで手を止めて話を聞くことと
部下の創意工夫を高めることには関係がある」と、イメージできるでしょうか?

また、「私は不測の事態・変化にすばやく適応できている」と
関連性が一番高いリーダーの行動は、
「部下に感謝やねぎらいの気持ちを伝えている」でした。

これもちょっと想像を越えます。

「部下に感謝すること」と、
「部下の不測事態対応能力の高さ」につながりがある!
とは、なかなか思えないものです。

あえてこれらの結果を考察すれば、
「仕事で忙しい上司が自分の耳に話を傾けてくれる、
それならば一生懸命考え、工夫をしよう」と部下は思う
ということなのかもしれません。

また、部下の側からすると、上司から感謝やねぎらいを伝えられると
安心感が高まり、気持ちが落ち着いた状態となって、
いざというときに冷静に対応できる。

逆に言えば、感謝やねぎらいを伝えないと、
部下はどことなく気忙しくなり、不安が高まり、
いざというときに、冷静に対応ができない、
ということなのでしょうか。

もちろん、「関連性がある」ことと「因果関係がある」ことは違いますが、
上記のような理由で、両方の変数が「同じ方向に動いた」と
いうことはありえるかもしれません。

お伝えしたいのは、この考察が正しい、つまり、
「部下をねぎらうと、不測事態対応能力が高まりますよ」
ということではありません。

それよりも、こうした「上司と部下の関連性」に関するリサーチを見ると、
上司が自分の行動の影響力を、どれ位、先の先までイメージすることできるか、
ということではないかと思うのです。

ありがとう、と言えば、部下は喜ぶ、でとどまらずに、
それがその先、部下のどんな行動につながっていくのか。
それを想像することができるイメージ力。

ありがとう、と言わないことで、どこに紐付いていくのかを
予見できるビジュアル力。

将棋指しが自分の四手、五手先を読むような、
「見通す力」がリーダーには求められているのかもしれません。

それが当たらないまでも、そのことについて思いを馳せ、考える。

それは、組織を牽引していく上で、 とても大事な行いであるように思えてなりません。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事