Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


経験学習モデル

4月は多くの人にとって変化のある季節です。

このコラムを読まれている方の中にも
職場に新しいメンバーが加わった、
自分が新たな役割に変わったという方がいらっしゃると思います。

こうした変化は、上手く利用すれば、
リーダーシップを向上させる大きなチャンスとなります。

新たな環境は、これまでのやり方では上手くいかないこともあり、
自分のリーダーシップについて改めて考えるきっかけを与えてくれるからです。

環境の変化を、最大限リーダーとしての成長に活かすには
どうしたらいいでしょうか?

米国ロミンガー社が、リーダーに対して
リーダーシップ能力の開発において役立ったことを調査したところ、
現場の経験が70%、上司の薫陶が20%、研修が10%
という結果となったそうです。

経験が70%と一番大きなウェイトを占めていますが、
それは、ただ経験すればいい、ということではありません。
経験をいかに学習につなげるか、ということが問われます。

米国のコルブ教授は、「経験学習モデル」を提唱し、
経験を学習につなげるためには
次の4ステップを循環させていくことが大事であるとしています。

 1)試行: 自分の考えを行動にうつす
 2)経験: 行動して体験する
 3)振り返り: 経験したことの成功、失敗要因を考える
 4)概念化: 自分なりに考えをまとめ方法論にする

新しい環境に身を置いたリーダーの成長に
このステップをあてはめて考えてみましょう。

「新しい部署の管理職として任命された」。

まず、方向性を示すのが大事だと考え、
4月1日に部署全員を集め、自分の考えを30分に渡って伝えた。(試行)

20人の部下の表情は終始硬く、自分の話が理解されたのか
されなかったのかよくわからず、不安になった。(経験)

現場で起こっていることをヒアリングすることなく、
一方的に話したことがよくなかったのかもしれないと思った。(振り返り)

新しい部下を率いるときは、
こちらから発信する前に、まず現場の状況を把握することが必要だ。(概念化)

再びこのサイクルを回し、

集めた部下一人ひとりから現場の状況を聞き、
その後に自分の考えを発信した。(試行)

こちらの発言を部下が大きく頷きながら聞いてくれ、ほっとした。
ただ、数人は納得のいかない顔をしている部下がいて気になった。(経験)

発信の前に受信することは効果がありそうだが、それだけでは対応できない人もいる。
特に、分析的にものを考える部下には「+α」の対応が必要そうだ。(振り返り)

発信の前に受信。
ただそれで全員が納得するわけではないから、
個別のフォローは常に必要。(概念化)

このようにシンプルに書いてしまうと、
リーダーとして学習、成長することはいとも簡単なことのようですが、
現実には、新しい環境の中では、
このサイクルを回すことが難しくなるようです。

それは、まず、「試行しない」。

試行は「意図を持った実験」であるといえますが、
環境が変わってもこれまでのやり方、自分の勝ちパターンを
そのまま持ち込んでしまう。

次に、「経験しない」。
試行はしたとしても、「経験はしない」というケースです。

行動を起こせば、自動的に経験はするだろうと思うかもしれませんが、
そうでないケースもあります。

例えば、自分が一方的に方針を話す。

話すことにあまりにも一生懸命になり、
部下が面白くない顔をしていても、そのことに気づかない。
つまり、「部下が面白くない顔をしている」という状態を自分の経験にできていない。

薄々気づいていたとしても、はっきりと認識することがなければ、
行動を改善するまでの「情報」として扱えない経験となります。

あるいは、「振り返らない」。

経験をしっかりしたとしても、そのことについて振り返らないということです。
仕事が忙しかったり、経験に向き合うこと自体が苦痛だったりして、
振り返りをする時間をきちんと持たない。

最後は、「概念化しない」。

振り返りまでしても、最終的に概念としてまとめあげることをしない。
そのため、わかりやすい「定理/公理」として持つことができず、
次の状況にうまく適用も応用させることもできない。

さて、みなさんは、普段、どのステップまで進めていますか?

新しい環境に入った時はどうでしょう?
みなさんの部下、あるいは上司はどうでしょうか?

まず、自分にあてはめて考えてみてください。

誰かと時間を取って、振り返るサポートをしてもらってもいいかもしれません。
それができたら、次は、自分の部下とこのステップを追って話をしてみてください。
周りの人たちについてもどうでしょうか。
みなさんが、新しい環境をリーダーとしての成長の機会として
大きく活かされることを願ってやみません。

【参考資料】
『企業内人材育成入門』(ダイヤモンド社)
中原 淳 (著), 荒木 淳子 (著), 北村 士朗 (著), 長岡 健 (著), 橋本 諭 (著)

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事