Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


ストレッチ

先日、アンチエイジングのクリニックへ、血液検査の結果を聞きに行きました。
肝臓の数値がいつもより良かったのですが、看護師さん曰く、

「肝臓は使い過ぎると硬くなっていきます。
そうすると、うまく機能が果たせなくなってしまいます」
「血管もそうです。硬くなると破れる可能性が高くなります」
「ついでに、筋肉も柔らかい方が、代謝がいい。
人の体はとにかく柔らかい方がいいんです」

(そうか、すべて柔らかい方がいいのか)と妙に納得しながら聞いていると、

「人の頭もそうですよね。
『硬い』と壊れやすい。柔らかい方が対応力があります」

なるほど、その通り。

「硬い」「柔らかい」にとても感度が立った状態で、
翌日、五十肩の治療に整骨院に行きました。

院長先生は、私の体に触るなり、

「鈴木さん、かったいですね、カラダ。
こんなにかったいと、肩だけでなく、あちこち動かなくなりますよ」

温和な声ながらも、しっかり脅してくれたのでした。

先生によると、そもそも筋肉は柔らかいものだそうです。
その筋肉が硬くなっている、というのは、
要するに筋肉が緊張していて力が入っている状態。

力を入れたら、
その後に必ずストレッチをして柔らかくする必要があります。

硬いままにしておくと、

可動域が狭くなる。
速く動けない。
「次」に向けて動くのがおっくうになる。

重いものを持ち上げるには太い筋繊維が必要ですが、
次の行動へ速やかに動こうと思ったら、
筋肉は柔らかくなくてはいけません。

この筋肉の話、どうもそのまま"組織"にあてはまりそうです。

社員に過剰に負荷をかけ、
「とにかく目標を達成しろ」といった、
「リニアな」コミュニケーションばかりを取り続けていると、
社員は常時緊張した状態となり、組織全体が「硬く」なっていきます。

その硬さが恒常的なものになると、

だんだん社員は動く範囲が狭くなり、

速く動けなくなり、 「次」に移動できなくなり......

要するに、変化に対して機敏に対応できなくなっていくのです。

いわゆる「硬直的組織」のできあがり。
「柔軟性の高い機動的な組織」からはかけ離れていってしまいます。

では、どうすれば、組織の硬さを取り、
柔らかく機動的な状態を取り戻せるでしょうか?

ブーズ・アンド・カンパニーの
シニア・ヴァイス・プレジデントであるゲーリー・ニルソンと、
スペシャル・オリンピックスで
会長兼CEOを務めるブルース・A・パスタナックは、
変化に対応できる組織は、
柔軟性を持つ「しなやかな組織」であり、
次のような特徴を兼ね備えていると述べています。(※1)

・想像できないようなことを思い描く
・水平的に思考する
・過去の栄光にあぐらをかかない

つまり、しなやかな組織は、

メンバーが何でもできうるという自由な発想をし、
組織を、縦だけでなく横にも見て、積極的に他部署を支援し、
成功体験に縛られず常に新しい何かを模索している。

ということになります。

人の思考は、「"今ここ"に居着く」という傾向があります。
(武道で「居着く」というのは、
何か心を奪われ、瞬時に動くことができない状態をいいます)

その特徴は、
「しなやかな組織」の逆で

・今の仕事のことだけしか考えていない
・今属している部署の利益の最大化しか頭にない
・今の成功に酔っている

"今ここ"に居着けば居着くほど、
頭は硬くなり、「新しいもの」への関心は薄くなります。

であれば、
人を、組織を、
柔らかくするために、しなやかにするために、
リーダーができるのは、
メンバーを"今ここ"に長く居着かせないこと。

「しなやかな組織」の特徴になぞらえれば、

・どんなあり得ないことをやってみたい?
・隣の部署の仕事をどうサポートできる?
・今回の成功を10倍にするためにはどうしたらいい?

などの問いをメンバーに向けて発し、
"今ここ"でないものに意識を向けさせる。
それが人の頭にとっての「ストレッチ」になるのかもしれません。

もちろん、メンバーを"今ここ"にコミットさせることは
リーダーにとって大事な仕事です。
ただ、それだけではメンバーの頭は硬くなってしまいます。

メンバーの頭を硬くしないために、
"今ここ"に長く居着かせないために、
組織の柔軟性を高めるために、

ぜひ「ストレッチ」を
メンバーとのコミュニケーションの中に
時折、取り入れてみてはどうでしょうか?

五十肩になって苦しむ前に。

【脚注・参考資料】

※1 『いちばん強い組織のかたちとは』(PRESIDENT Online)
   ゲーリー・ニールソン(著)、ブルース・A・パスタナック(著)
   ディプロマット(翻訳)

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事