Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


「はじめに」からはじめよう

「はじめに」からはじめよう

ある情報通信業CEOのKさんは、
社員からの信頼の篤いリーダーです。

「部下に、『最近、社員のカジュアルデーの服装が少し乱れているね』と言ったら、
 しばらくして、重厚感ある『カジュアルデー"HOW TO" マニュアル』が出てきたんですよ」

と、エグゼクティブ・コーチングの中で
苦笑しながら話されました。

ジーパン姿の社員がたまたま目にとまり、
コメントしただけだったそうです。

マニュアルには、夏場の袖の長さ、爪やマニキュア、
サンダルや靴、髭のことまで、こと細かに書かれていたそうです。

「マニュアルなど作っているようではダメだ。
一人ひとりが自律的に考え、現場現場で判断できる集団でなければ、
とてもグローバルでは戦えない」

Kさんは、経営陣や本社主導で判断し、指示する
これまでのやり方の限界を懸念されています。

そして、社員が本質を深く考えることなく、
すぐに【HOW TO】に落とし込みたがることをなんとかしたい、と。


私たちは、ややもすると、すぐに【HOW TO】を考えたくなります。
それはなぜなのでしょうか。
また、なぜそれではいけないのでしょうか。

サイモン・シネック(※)は、著書や講演で、
次のようなことを述べています。

企業や組織が、「自分たちのサービスやモノ【WHAT】」、
あるいは「手法【HOW】」といった、見た目に分かりやすく、
明確なものから伝えたくなるのは当然である、と。

しかし一方で、人は、「何を【WHAT】」や
「どのように【HOW】」だけでは動かず、
知らず知らずのうちに、その根底にある「なぜ【WHY】」に
つき動かされる存在である、と。

実は、4年前のKさんは、エグゼクティブ・コーチングでの社員インタビューで、
こんなことを言われていた役員でした。

「Kさんには、細かいことでなく、大きな方向性や、
 ご自身がどうしたいのかを語ってほしい」

 -会議室の椅子は、この色にしよう!
 -提案書のフォントはこれに統一だ。
 -〇〇会社への提案には長年の付き合いがある私が行こう。

当時、Kさん率いる本部では、方向性やビジョンなどが示されないままに、
Kさん自らが【HOW(どのように)】ばかりを提示していたことが分かってきました。

そして、職場の活性度は、今では考えられないほど、低いものだったのです。

サイモン・シネックは、次のようにも言っています。

顧客に選ばれるためには、あるいは、
リーダーが社員をインスパイアーしていくためには、
まずは、企業や組織の理念や大義、
あなたの存在意義である【WHY(なぜなのか)】を明確にし、
その次に【WHY】と整合性のある【WHAT(何を表現したいのか)】や
【HOW(どのように)】を考え、伝える。

まずは【WHY】からだ、と。

あの頃のKさん。
部下の声をまとめたレポートを読みこみながら、
考えました。

「彼らは僕に、社史の『はじめに』みたいなものを語れ、
 と言っているのではないか。

 なぜ、この色を会議室の椅子に選ぶのか、
 提案書のフォントはなぜこれなのか、
 『なぜ』が共有されないから、すべて細かな指示になる。

 僕の役割は、『僕や本部、会社が大切にしているもの』、
 つまり、このビジネスの『意義』を共有していく、
 ということなのかもしれない」と。

Kさんはその後、「はじめに作戦」と銘打ち、
さまざまな場で、部下たちに【WHY】を伝え、
共に考える場を創ってきました。


あれから4年。
CEOになったKさんは、熾烈なグローバル競争に晒されながら
組織全体の意識改革に挑んでいます。

先日、20人ほどの次期経営層を集めた1日がかりの
ワークショップに参加させていただきました。

終盤、Kさんは自らが実現させたい組織ビジョンを掲げながら、

「ところで、この変革に、あなたが参画する意味・意義はなんですか?
 『あなたにとって』を聞かせほしい」と、
参加者一人ひとりと、丁寧に、かつエネルギッシュに関わりました。

聞かれた皆さんは、少し緊張しながらも、
だんだん言葉が紡ぎ出されていきます。
そして、少しずつ場の空気が高揚していくのが分かりました。

Kさんはいま、次期経営層の意識改革に成功しつつあるように感じます。


後日談があります。

Kさんが、「例の『カジュアルデー"HOW TO"マニュアル』を
採用することにしました」と。

私が驚いていると、

「あれ、冒頭に『はじめに』があるのですね。
 あれを作った社員達に、そこだけを採用して、現場で意見交換してこい、
 と言ったんです。『はじめに』以外は絶対しゃべるなよ、ってね」

「あ、これもHOW TOですかね」と笑いながら。

次は、社員たちが周りや部下との間で、
どれくらい「はじめに作戦」を展開できるかが試されているようです。

あなたは、社員や部下をインスパイアーするために
どんな【WHY】を問いかけ、どれくらい扱っていますか。


【参考資料】

※『WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う』(日本経済新聞出版社)
サイモン・シネック (著), 栗木 さつき (翻訳)

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事