Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


影響力とコーチング

影響力とコーチング

「リーダーシップを測る真の物差しは、影響力だ──
それ以上でも、それ以下でもない」(John C. Maxwell)

リーダーシップに関する要素はさまざまなものがあります。
その中でも共通しているひとつの要素は「人に対する影響力」。
このことについては誰しも異論はないと思います。

目標達成に向けて、

部下を動かす
組織を動かす

リーダーは自分自身の影響力を高めるために、
日々腐心していると言っていいでしょう。


情報を持っていれば影響できる
知識があれば人はついてくる
技術を備えていれば信頼される、、、などなど、
専門力があれば、相手に影響できる、と私たちは思っています。

確かにその考え方には一理あると思いますが、
ここに興味深いデータがあります。

リーダーを「専門力」と「コーチ力」の高低で4つに分類し(図1)、
それぞれのリーダーの管轄する組織活性度をグラフにしました。(図2)

このリサーチでの「専門力」「コーチ力」とは、それぞれ以下の要素です。

専門力:極めて高い専門知識を持っている
コーチ力:部下の強みや得意分野を引き出し、伸ばしている

リーダーAのタイプ
専門力が高い
コーチ力が高い

グラフを見ると
このリーダーの組織活性度が最も高く、
理想的なリーダーのタイプと言えるでしょう。

リーダーDのタイプ
専門力が低い
コーチ力が低い

そもそも、このタイプをリーダーと呼べるかどうかが疑問ですが、
当然このリーダーの組織活性度は最も低くなっています。

興味深いのは
リーダーBとリーダーCのタイプの組織活性度に大きな差があることです。

リーダーB
専門力が高い
コーチ力が低い

リーダーC
専門力が低い
コーチ力が高い

グラフからこの両者を比較すると、組織の活性度については、
リーダーの「専門力」よりも「コーチ力」の方が強く影響していると推察できます。

また、このリサーチから、リーダーにとっての「専門力」と「コーチ力」
とはまったく別の能力であり、
組織を活性化させるための「影響力」という観点から見れば、
「専門力」以上に「コーチ力」を強化する必要がある、と言うことができるでしょう。

では、リーダーのどのような行動が、
メンバーの「自分の強みや得意分野を引き出し、伸ばしてもらっている」
という実感に寄与するのでしょうか。

以下は、上記の実感に寄与が大きいリーダーの代表的な行動です。

メンバーに話させ、聞くことに焦点をあてて関わる
メンバーの目標達成を支援するために定期的に関わる
メンバーに気づかせ、自発的に考えさせるための質問をする
メンバーに明確な目標や役割を伝える
メンバーの考えや価値観を理解しようとする
メンバーをやる気にさせる提案や要望をする

以上からも、まさに、リーダーがメンバーに対して
コーチ的な関わりができるかどうかが、
影響力を発揮するための重要な要素だということが分かります。


コーチングとは、相手の目標を達成させること。
相手を、より速く、より遠くの目標に到達させること。

コーチングとは、それを可能にするために、
「人は、どのようなプロセスで行動を起こすのか?」
「人にどのようにして影響を与えることができるのか?」
について学ぶことにほかなりません。

人の行動に関する考え方、理論
関係性の構築について
モチベーションについて
目標達成についての知識、技術
目標達成に必要なキーマン
目標達成とパーソナルファウンデーション
会話と対話の違い
対話の重要性
対話と行動変容
コミュニケーションスキルとしてのコーチング
コミュニケーションのタイプについて
コーチングとティーチングを使い分ける
マネジメントにおけるコーチング

などなど、まずはこれらを網羅的、系統的に学び、
これらに関する知識を得、理解すること。
そして、何より重要なのは、それを実行すること。
その繰り返しの先に、リーダーとしての「影響力」の拡大があります。

高い専門力。
それに、高いコーチ力をプラスする。
それが、いま求められている「組織を変革できるリーダー」なのだと思うのです。


【脚注】
図1,2
コーチング研究所調査「部下からみたリーダーの行動と組織活性度 評価平均」
調査内容:Leadership Assessment (LA)
リーダーの行動2項目、組織の状態5項目(7段階評価)
調査人数:リーダー1,108名(A:424,B:205,C:177,D:302)に対する部下8,489名
調査実施:2015年3月

【参考資料】
『マクスウェルのリーダーシップ集中講義』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
ジョン・C・マクスウェル (著), John C. Maxwll (著), 干場弓子 (監修, 翻訳)

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事