Global Coaching Watch

Global Coaching Watch では、海外コーチのブログ記事の翻訳を中心に、世界のコーチング業界のトレンドやトピックスをお届けします。


目標に意識を向け続けるための5つのヒント

【原文】Tips to Help You Stay Focused on Your Goals
目標に意識を向け続けるための5つのヒント
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

Language: English

クライアントから「なんとか行き詰まりから抜け出したい、集中したいし、目標を達成したい。でも、やる気がなくなって諦めてしまう。」という声をよく聞く。

実際、目標を立てるのはそれほど難しいことではないだろう。だが、それを達成するにはちょっとした困難が伴うことがある。

私の場合、自分の目標を書き留めることが、望みを達成するための有用なツールになることを発見した。実際に、研究でも頭の中にあるものを書き出すと行動を起こす機会が増え、実現する可能性が高まることがわかっている。心理学者、ゲイル・マシューズ(Gail Matthews)氏の2015年の研究によれば、「自分の目標を書き留めれば、頭の中で目標を描くだけよりも達成率は33%上昇する」とのことである。

目標達成に集中するための5つのヒント

目標を達成するには、その最終的な成果に向けて集中し続ける必要がある。以下に、目標達成に向けてモチベーションを維持する5つのヒントを紹介する。

1. 視覚的なリマインダーを作成する

ビジョンボード(ワークブック)を作る。ビジョンボードとは目標をイメージする絵や写真、アイディア、メモなどを貼ったものだ。たとえば、「より優秀なリーダー/上司になる」という目標を立てたとする。目指すリーダー像をイメージする写真や言葉を雑誌から切り抜く。そして、それをオフィスのボードに貼り付けたり、スクリーンセーバーにすれば、なりたいリーダー像を視覚化して、潜在意識に取り込むことができる。目標を見失いかけたら、ボードを見て思い出す。視覚化することで、挫折しそうになったときに目標に目を向けることができる。

2. 助けを求める

この点に関してはどれだけ言っても言い足りない。人は孤立した島ではないので、一人では生きられない。誰かの手を借りなければ、誰でも何かに失敗してしまう可能性がある。「助けを求める」とは、事業を始めるのを支援してもらったり、実際に働いて手伝ってもらうことを言っているのではない。あなたへのサポート全般のことである。たとえば、週に一回、電話で友人やコーチに励ましてもらう。うまくいっていないときに、セッションに重点を置いたり、ただアイディアを聞いてもらったりすることである。

3. 目標達成のための計画を見直す

目標はよい計画があってこそうまくいくものだ。計画を毎月見直すことで、何を微調整したらいいのかとか、いっそのことすべて除外した方がいいのかが分かる。状況が変われば、計画のステップも変更になる。たとえば、プロジェクトをもっと効果的に管理することが目標であれば、一つのステップとして「現在」どのようにプロジェクトを管理しているのかを書き出し、一か月後にそれを見直してみる。何がうまくいっていて、何がうまくいっていないのかを調べる。一つずつプロジェクトのマネジメント手法の改善に取り組み、翌月にそれを見直す。毎月ステップを評価して、進捗を確認する(次の4番のヒントも忘れずに)。

4. 自分にご褒美を与える

目標に一歩一歩近づくたびに自分にご褒美をあげよう。友人と一緒に夜遊びしたり、新しい服を買ったり、あるいは一人でのんびりと静かな週末を過ごすのもよいだろう。あなたがずっと先延ばしにしてきたプロジェクトを完了するという目標を達成したときは、素敵なディナーを楽しんではどうだろう。もし、あなたが今もプロジェクトマネジメントスキルの向上に取り組んでいる最中で、まだ悪戦苦闘しているとしても、上記の例を参考にして、自分が楽しめることをしながら前進していることを実感するとよい。

5. 停滞を乗り越える方法を知る

目標を見失う理由の一つに、一時的なちょっとした遅れがある。人はそれを失敗と思ってしまうが、そうではない。停滞は、目標の方向性を見直したり、目の前の仕事に立ち返る機会になる。目標を大局的に見て、障害を解消したうえで、前に進むべきである。


目標達成に向けて集中し続けることは、一筋縄ではいかないだろう。達成した際のイメージが漠然としてくることさえある。自身のビジョンを修正し、最終的な成果に向けて集中力を維持するには、目標達成までの過程で、必要に応じて何度でも上記5つのヒントを活用するとよいだろう。

目標を設定してそれに向かって努力し続けるのは、必ずしも簡単なことではない。そこで、モチベーションが上がらないときは、目標を設定するときにこれまであなたが達成してきたことや、成功してきたことを思い出してほしい。「〇〇の目標を達成できない」というような、ネガティブな悪魔のささやきに振り回されないようにする。「自分は目標を達成できるし、必ず達成する!」と自分に意識づけて欲しい。あなたの成功をお祈りします!

筆者について

マーシャル・ブラウン(Marshall Brown)氏はICFの認定コーチ資格を持つコーチ・エィのエグゼクティブコーチ。国内外の企業において、人材開発の専門家としての経験がある。

【翻訳】Hello, Coaching! 編集部
【原文】Tips to Help You Stay Focused on Your Goals
(2019年9月9日にコーチ・エィのE-Newsletter(英語版メールマガジン)に掲載された記事の翻訳。筆者の許可を得て翻訳・掲載しています。)


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

Language: English

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

Global Coaching Watch/米国コーチング研究所レポート 目標達成

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事