マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(1) 関わりを変えれば、組織が変わる!

コラムで読むコーチング事例(1) 関わりを変えれば、組織が変わる!
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

エグゼクティブ・コーチによる選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。

さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーション変革に挑んでいるのか。どんな関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

組織を変える1歩は、まず"目の前の人とのコミュニケーションを変えること"。

特に、リーダーがどのようなコミュニケーションをとるかが組織に及ぼす影響は絶大です。
リーダーのコミュニケーションは、メンバーにも伝播し、やがてチームの、そして組織の文化となります。

今回ご紹介するのは、そんなリーダーたちのコミュニケーション変革の取り組みの事例です。

対話を先延ばししない

「業績を上げるために一番大事なことは?」。この問いに、全国トップ、毎月平均で他店の2倍の売り上げを上げる若き26才の店長が間髪入れずに答えたその内容と実践方法とは? > 記事を読む

「気合」か「物語」か

典型的なトップダウンスタイルだった敏腕女性編集者。彼女が、取材を通してコーチングの考え方に触れる中、「コーチング型マネジメント」を試してみようと思った瞬間とは? > 記事を読む

部下の好奇心に火をつける2つのアプローチ

部下の「わかったつもり」とどう向き合えば、創造性の源である「好奇心」に火をつけることができるか? あるメーカーの技術者出身の役員が試したのは、2つのアプローチ。 > 記事を読む

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事