マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(2) 信頼関係の築き方

コラムで読むコーチング事例(2) 信頼関係の築き方
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。

さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーション変革に挑んでいるのか。どんな関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

変化の時だからこそ、ますます重要になるのが「信頼関係」。

さて、あなたはふだん、信頼関係を築くために具体的に何をしていますか?
信頼関係を維持するためにどんなことを意識していますか?
関係性をもっと強いものにするためにどんな取り組みをしていますか?

今回紹介するのは、「信頼関係」を育むリーダーたちの実際の取り組み事例です。
ぜひ、信頼関係構築のヒントにしてください。

「信頼関係」からすべては始まる

部下から「あなたとは、一緒に仕事をしたくない。Sさんと仕事がしたい。」と言われたリーダーYさん。相談したSさんの「問いかけ」からYさんが気づき、実践したこととは? > 記事を読む

信頼関係、安心感、自発性

ジャカルタに赴任したものの、ナショナルスタッフが何も話してくれないことに悩んだリーダーが試したこととは? 大切なのは部下が感じるある「実感値」だった。 > 記事を読む

信頼関係を築く

「上司が部下と信頼関係を築く上で重要な要素」とは? 部下から「信頼関係、今は6割、7か月前は1割」と言われ、ショックを受けたリーダーが振り返り気づいたこと。 > 記事を読む

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事