マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(6)「質問」を極めるー質問に込める意味編

コラムで読むコーチング事例(6)「質問」を極めるー質問に込める意味編
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。

さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーション変革に挑んでいるのか。どんな関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

質問の仕方以上に大切なのが、質問に込める「意味」です。あなたはふだん、何のために、どんな質問をしているでしょうか?
今回はその新たなレパートリーの選択肢を示す事例を集めてみました。

質問のレパートリーを増やすには? 三択で知る、あなたの傾向

ある営業部に所属する上司と部下の面談ストーリーと3つの質問候補をご紹介。もしあなたが上司なら、3つのうちどれを選ぶ?選んだ質問であなたが質問に込める「意図」がわかります。 > 記事を読む

「パズル」を解くリーダーと「ミステリー」を解くリーダー

うまくいっていないB役員とのコミュニケーション。A社長がその突破口を開いたきっかけは、自分への問いかけを「パズルを解く視点」から「ミステリーを解く視点」に変化させたことだった! > 記事を読む

「答え」を出すことよりも大切なこと

一年間にわたってコーチングを受けてきたある小売業の中国総代表と振り返りセッション。コーチからのたくさんの質問の中で、特に機能した質問として総代表が挙げた質問の共通点と効果とは? > 記事を読む

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事