マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(7)あなたのチームの主体性を高めるには

コラムで読むコーチング事例(7)あなたのチームの主体性を高めるには
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。


さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーション変革に挑んでいるのか。どんな関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

今回は、"主体性を高める関わり"の事例を集めました。
日々、チームの主体性を高めるために、あなたはどんな取り組みをしていますか? どんなことが具体的にできそうですか?

主体性の正体

新事業の責任者として、業績を伸ばしつつも大きな不満を抱える事業部長 A氏。彼がさらなる主体性を発揮するきっかけとなった「問い」とは? > 記事を読む

行動を少しだけ変える

「部下の自発性を促す関わり方」のチェックリストに取り組んだ管理職がとったある行動。それによる部下の変化とは? > 記事を読む

今、リーダーは何をすべきか?

主体的なアクションは何から生まれるのか。リサーチ結果からわかった"部下を主体化し、組織変化を起こす"上司の関わりとは? > 記事を読む

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事