マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(20)リーダーとして向き合うときの「決め」

コラムで読むコーチング事例(20)リーダーとして向き合うときの「決め」
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。


さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーションの変革に挑んでいるのか。どのような関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

新年度がスタートして早2ヶ月。新たなメンバーやチームでの関係性づくりもそろそろ整い、今後はさらに「相手」や「状況」に1歩踏み込んでの対話や関わりが起こっていくときでは?

そこで、今回は、「リーダーとして、いかに向き合うか」を考えるきっかけとなりうるコラムを厳選しました。
みなさんの、そしてみなさんのチームのさらなる飛躍とチャレンジのお役に立てば幸いです。

リーダーは相手の可能性をひらくために何を選ぶのか

部下の失敗やチームの停滞に際し、リーダーとしてどんな「決め」を持って臨むか。世界的な指揮者と大手老舗日系メーカー副社長の2つの事例をご紹介します。 > 記事を読む

「リーダーに必要な折れない心 ~ レジリエンス ~ 覚悟を決めると何が変わるのか

「部下同士の確執の解決」「朝令暮改の役員指示の部下への伝達」といった「やっかいなこと」に向きあうためのヒントを、ある社長の「覚悟」に学びます。 > 記事を読む

最後に残された「やっかいな問題」に挑む

エグゼクティブコーチが優秀なクライアントに共通すると感じる「最後のやっかいな課題」とは? その乗り越えかたを検討します。 > 記事を読む

バックナンバー

コラムで読むコーチング事例
選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事