マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(80)無意識の影響力に気づく

コラムで読むコーチング事例(80)無意識の影響力に気づく
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。


さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーションの変革に挑んでいるのか。どのような関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

私たちは、自分の思考やあり方に常に意識が向いているわけではありません。

何かの拍子にそうした無意識が顕在化することで、パフォーマンスや人との関わりに大きな変化が訪れることがあります。

今回は、そんな無意識とその影響力について考えるヒントとなるコラムを集めました。

影響力を発揮する「自分らしさ」

周囲との関係性やパフォーマンスが向上した背景にあった、ある気づきとは? > 記事を読む

そのひと言が、影響を与える

「何で黙ってばかりで何も言わないんだ!」と叱りつけた社長に、意を決して部下が伝えたのは? > 記事を読む

無意識を意識化する

部下に変化はなく、成長には少なくとも1年は必要と考えていたリーダーが、実はうすうす気づいていたのは? > 記事を読む

バックナンバー

コラムで読むコーチング事例
選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事を周りの方へシェアしませんか?

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

コーチング・プログラム説明会 詳細・お申し込みはこちら
メールマガジン

関連記事