Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


未知の旅に出る

羽生善治さんの『決断力』という本によれば、
将棋の指し手の可能性というのは、10の30乗ぐらいあるそうです。

これは地球上の空気に含まれる分子の数より多いと。
だから将棋のプロでも将棋のことは意外にわかっていない。
多く見積もってもわかっている度合いは6、7%。

だから羽生さんは言います。
「1回1回の対局は、未知の旅に出る、知らない何かを探しに出発する
 - 私はそんなイメージを抱いて指している」

羽生さんの本を読んでいて、
コーチングも将棋と同じだなと思いました。

相手が言葉を発する。そこにこちらの言葉を絡み合わせていく。
それこそ、コーチングの場合「指し手」の可能性は
10の30乗どころではありません。
それが質問であれ、承認であれ、リクエストであれ、
どのタイミングでどのようなフレーズを投じるか、
まさに無限の選択肢が存在します。

これは大変です。
分母が大き過ぎて選ぶこと自体が困難です。
選択肢の渦の中に取り込まれてしまいます。

そこで、分母を少なくするために、私たちはパターンを学びます。
相手がこうきたら、こう返すと。
無数の分母を10ぐらいにし、その中から最適解を選ぼうとします。

相手がこういう表現を使ったらチャンクダウン(※)。
こういうところで行き詰っていたらリソースを引き出す。
相手がこのようなところから状況を見ていたら視点を変える。

パターンを学習することで
選択肢の渦の中に落ち込まないようにしておきます。
なるべく不測の事態が起きないようにしておくわけです。

ところがここに落とし穴があります。

パターンを学べば学ぶほど、コーチの意識は
、頭の中に蓄積されたパターンに行きます。
そして、そのパターンを目の前の相手にどう使うかを考え始めます。

結果として、目の前の相手を失い、微細な表情や声の変化、
相手の思考パターンなどを捉えることができなくなります。
コーチはパターンに沿って同じことを繰り返すようになっていきますから、
コーチングをすること自体にも次第に飽きがやってきます。

できれば毎回のセッションを羽生さんのように
「未知の旅」に出るつもりでやりたいものです。
その瞬間は、パターンを捨て、相手の中に飛び込んでいく。

相手の言葉に触発されて、クリエイティブで力のある、
自分でも「おっ!」と思うような質問が生まれる。
それを相手に投げると、向こうから新鮮な反応が返ってきて、、、
それに刺激を受けてまた新しい言葉が自分の中に生まれる。
そして、また投げて、、

「よし、これから未知の旅に出る」

そんな一言を自分の中で唱えてから
目の前の人に向かい合ってみませんか?

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事