Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


『ダメなものはダメ』はダメなのか

「『会話』と『対話』、何が違うと思いますか?」

皆さんはこの問いに何と答えるでしょうか。

以前、劇作家であり、演出家の平田オリザさんの講演に、
参加したのですが
平田さんは冒頭からこうおっしゃるのです。

「この国には対話がないのですよ」
「だから、会話と対話の違いもよく分からないでしょ」

確かに、

「カンバセーション」?
「ダイアローグ」?

と、その当時はピンと来ませんでした。

ただ、最近では「『対話』は組織風土をも変えていくエンジンになる」として、
「対話」を組織風土改革のテーマに掲げる企業が増えています。

そこで、改めて「対話」について考えてみました。

ちなみに、平田さんによると、

「会話」とは、

「価値観や生活習慣が近い人同士の単なるおしゃべり」

であり、
「対話」とは、

「あまり親しくない者同士の価値観や情報の交換、あるいは、
 親しい者同士でも価値観が異なる時に起こる、そのすり合せのプロセス」

とのこと。

なるほど、どうやら「対話」の方が難しそうです。

* * *

私は仕事の傍ら、4年前から
ある大学のバスケットボール部で、
チームビルディングについて定期的にコーチングを行っています。

よく選手同士の関わり方を観察していますが、
「対話」という観点で見ると、それがまたとても興味深いのです。

たとえば1年生は、多くの選手がつい最近まで、
高校での厳しい指導を経験してきているせいか
どこかいつもおどおどしているように見えます。

一方、上級生になるにつれて遠慮もなくなりますし、
きちんと自分の意見を表現できる学生も出てきます。

高校時代、比較的高いレベルで
プレーしてきた学生が多いことも相まって
プレーに対する考え方の相違から、
ぶつかり合うこともしばしば。

特に夏になると、その光景がよく見られるようになります。

最上級生が引退したばかりで、
新メンバーでのチーム結成からまもない春先は、
衝突はあまり起こりません。

しかし、夏の合宿あたりから、
目の前の問題を先送りにせず、選手たちがぶつかり始めるのです。
チームの雰囲気は悪くなることもあります。

そうは言っても、シーズンが佳境になると、
雰囲気の悪さなど言っていられなくなり、
お互いの話を聞きながら、すり合せが始まるのです。

こうなると、なかなか強いチームです。
むしろ、この段階に及ばないと、
いざという時に力の出しきれないチームになりやすいと私は思います。

日本一を狙えるような強いチームほど

・今の自分たちの置かれている状況は、これまでと何が違うのか
・今、チームは何を捨て、何を選ぶ必要があるのか
・自分個人は何をするべきなのか

といった問いがメンバー間に流れ、
何時間も活発に話し合われている印象があります。

そして、ひとたび一人ひとりが本当に納得できる方針やプレーにまとまると、
もう、彼女たちが迷うことはありません。

* * *

これは会社組織でも同じことが言えるのではないでしょうか。

たとえば、軍隊的な上意下達がはっきりしている組織では、
一糸乱れぬ意志が統一された組織にはなりますが、
「上意」以上のものは出てきません。

もちろん、この手法ならではの効果があるため、
多くの会社で選択されています。

一方で、
立場に関わらず、
メンバー間で互いの考えの違いを出し合い、すり合わせる。
こうしたプロセスを踏む組織もあります。

コーチング研究所の調査では、
「組織は、常に新しい考え方や方法を導入している」という項目が、
「異なる意見であっても相手の話を聞く姿勢がある」をはじめとする
「社員間のつながり」と関係が強いということが分かりました。
この結果から、変化する組織では、対話が行われているといえます。(※1)

グローバル化や女性活躍推進、働き方の変化など、
ビジネスシーンにおける価値観はますます多様化し、
その多様性を乗り越えなくてはならないシチュエーションが増えています。

まずは、自分のものとは異なる価値観や意見を目の前にしても、
「ダメなものはダメ」と頭ごなしに押し付けないことが重要です。

「なぜそれがダメなのか」
「それがダメだと分かっていても、やってしまうのはどんな時か」
「それをやってしまう自分は、どのように見えるだろうか」

そうして、お互いの違いを見つめ合い、すり合わせていく。
まさに、このプロセスにおいて「対話」が求められるのではないでしょうか。

そして、その先に、
変化に対する適応力や創造性が育まれ、
組織の力が最大化されていくのだと思います。

皆さんは、
意見や価値観の異なる部下や、
利害がぶつかりそうな他部門の人たちと、
関わりを諦めることなく、対話していこうと考えていますか。

【脚注】
※1 WEEKLY GLOBAL COACH Vol.745(2014年6月18日)
   「組織の変化は、『つながり』から生まれる」番匠武蔵  

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事