Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


「肯定」に関するCoach's VIEWおすすめ記事5選

「肯定」に関するCoach's VIEWおすすめ記事5選

自発的な行動を部下に期待するなら、あなたが部下を「肯定」することがひとつの解決策になるでしょう。あなたが期待する部下には「できる部下」、「できない部下」がいるかもしれません。できる部下だけを肯定し、できない部下を否定することでは、すべての部下に自発的な行動を期待することは難しいでしょう。今回は、「肯定」に関するCoach's VIEWおすすめ記事5選です。

NO.1 肯定質問を創りだす

赤ちゃんや幼児に対しては にっこり微笑みかけるように挨拶した方がいいかもしれない。 そういう臨機応変な接客ができなくなるんですよね。」 人の行動を生み出す要因は様々ありますが、中でも大きいのは、 内側で自分自身にどんな問いかけを ... > 続きを読む

NO.2 質問の前提

その質問は信頼を損ねかねないですよ。」 「えっ、そうなの? どうして??」 質問というものは、常に背景に「前提」をもちます。 前提は大きく分けると2つです。 肯定か否定か。 つまり、あなたはできている、やれている、能力がある といったような... > 続きを読む

NO.3 Change Management

当然、肯定的なビジョンを持つことができれば、その影響を受けます。 ビジョンを効果的に用いるためには、 一回限りでは ... 私はコーチングの中で何度も「ビジョン」について質問します。 「3年後、今と一番大きく違うところは何だと思いますか」... > 続きを読む

NO.4 Focus on illusion (幻想にフォーカスを当てる)

最初から「幸せ」とか「成功」という言葉をもち出すよりも、 もっと具体的な事柄にフォーカスを当て、次に抽象度の高い言葉につなぐことで、ものごとを認識しやすくなるのでしょう。これまでも、漠然と理解されてきたことではありますが、そのことが証明されつつあるわけです。... > 続きを読む

NO.5 自分のケースをつくる

過去に作ったケースを机の上に広げて何度も読み返していたのだそうです。 自分自身の成功体験の集積である「自分のケース」は、 Aさんの自己肯定感を高める大きな役割を果たしていたのでした。 現在、Y部長はこの会社の社長として ... > 続きを読む

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

まとめ 意識変革

関連記事