コーチングツール活用講座

部下などに対するコーチングの実践やセルフコーチングに使えるさまざまなツールを紹介するコーナーです。ツールをうまく使いこなして、コーチングをレベルアップさせましょう。


うまくいく目標設定(1) 日々のゴールを設定しよう

うまくいく目標設定(1) 日々のゴールを設定しよう
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

一日を計画する

「目標をうまく設定できない」
「目標をなかなか達成できない」
「目標は設定するのも、達成するのも苦手」

そういう方にぜひ試して欲しいのは、「毎日の目標(ゴール)を設定する」ことです。

まずは「一日」という短いスパンでゴールを設定し、それを達成する練習を積んでみましょう。それを繰り返していくことで、目標設定と達成のコツを掴むことができます。

ちなみにあなたはふだんの一日を、どのように計画しているでしょうか?

アポイントや会議予定などスケジュールを軸に計画したり、To Do リストをつくるなどタスクを軸に計画したりしているなら、ぜひその日に達成する目標を決める「ゴール型」で計画を立ててみましょう。次のようなツールがその助けとなります。

コーチングツール:一日の予定記入表(コーチヴィルより)

STEP1 「どんな一日にするか?」(=ゴール)を明確にする

次のような質問を活用して、まず、その日に達成することを決めます。

「今日をどんな日にしたら、もっとも成功したといえるだろうか?」
「今日達成すべき重要なことは何か?」
「より良い未来に向けて、今日中に完了・達成しておくとよいことは?」
「一日の終わりにどのような状態になっていたら、今日は有意義だったといえるか?」
「最高の一日にするために避けるべきことは何だろうか?」
「最高の一日にするためにすべきことは何だろうか?」
「今日の優先順位は?」

STEP2 その日の目標を達成するためのプランを立てる

その日に達成することを決めたら、それに応じて一日のプラン(スケジュール、to do listなど)を立てます。

プランを立てるとき、ややもすると「効率的に予定を詰め込もう」としがちなので、注意が必要です。時間配分やタスクのリストアップのみならず、エネルギーマネジメントにも気を配るといいでしょう。

また、不測の事態にも備えておきます。できれば、短い時間でいいので、一日に数回、振り返りと計画見直しのための時間も計画しておくといいでしょう。

STEP3 ゴールとプランを意識して過ごす

自分自身にもオンゴーイングなフォローが必要です。

目標を達成できない原因のひとつは、せっかく立てたゴールとプランを忘れてしまうことです。一日の「ゴール」と「プラン」は、常に見えるところに置くか、持ち歩くようにします。イメージ(意識すること)の力は、思いのほか大きいものです。


実際に行動に移すと、思ったより時間や労力がかかることもあれば、逆に簡単にできることもあるでしょう。そんな時は計画の見直しを図ります。また、その過程で気づいことを書き留めておくと、今後に活かすことができます。

STEP4 一日の終わりに振り返り、次の日に備える

最後のステップは、いわば自分自身への重要な「フィードバック」です。

一日の始めに立てたゴールに対して、実際どこまで到達したか、何を達成し、何を達成できなかったかを明らかにします。

そして、そこから学び、新しい日、そして「ゴール力」アップへと活かします。

参考: Coach's VIEW 経験学習モデル

さて、千里の道も一歩から。

まずは毎日ゴールを設定し、達成し、振り返る。その積み重ねがあなたの「目標達成力」を高め、やがて、より長いスパンでの目標の設定・達成に活きる糧となるはずです。


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コーチング 目標達成

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事