リーダーシップミニ講座

リーダーシップとは、リーダーという立場にある人だけに備わっているわけではありません。どんな立場にある人でも、リーダーシップを発揮することが可能です。優れたリーダーは、周囲とどのように関わり、どのように物事を推進しているのか。ワークに取り組みながら、リーダーシップについて学ぶためのミニ講座です。


成長を促すコーチ型フィードバック 第7回 自分自身もフィードバックを受ける

成長を促すコーチ型フィードバック 第7回 自分自身もフィードバックを受ける

リーダーシップミニ講座、シリーズ5のテーマは「フィードバック」です。

第1回 はじめに
第2回 目標達成に向ける
第3回 率直に、正直に、相手に敬意を示す
第4回 事実に基づいて伝える
第5回 相手の成長に向けて建設的に伝える
第6回 フィードバックプロセスに受け手も参加させる
第7回 自分自身もフィードバックを受ける

第7回 自分自身もフィードバックを受ける

コーチ型リーダーは、相手に対するフィードバックプロセスのみならず、フィードバック自体を双方向で扱います。つまり、自分自身もフィードバックを受けるのです。

リーダー自身がフィードバックを受けることの意味

リーダー自身も相手からフィードバックを受けることには、次のような意味があります。

リーダー自身の目標達成、成長のため

リーダーにもフィードバックは必要です。さらなるリーダーシップの発揮、リーダー自身の目標達成に向けて、そして、相手との間で交わされたコミュニケーションについて、相手からフィードバックを受けることで大きなヒントを得ることができます。

対等でオープンな信頼関係を構築できる

相手との関係性において、フィードバックを「する」、「受ける」をお互いが担うことで、対等でオープンな信頼関係を構築することができます。

フィードバックを受ける側の体験をもつ

相手の立場になって考えるには、想像力も必要ですが、実際に体験することが近道です。フィードバックを受けるときの緊張や葛藤、また、効果や成果を感じる体験は、あなたがフィードバックする際の大きな学びとなるでしょう。

フィードバックを求め、受けとるモデルとなる

フィードバックにはメリットや効果があると頭ではわかっても、フィードバックを受けるということは、やはり緊張が伴うことであり、時に抵抗を感じるものです。リーダー自身が自らフィードバックを求め、前進のために活かそうとする姿は、フィードバックを受ける「モデル」となり、メンバーやチーム内におけるフィードバックの意義やフィードバックの活用を高めることにもつながります。

フィードバックを受けるときのポイント

リーダーがフィードバックを受ける領域としては、次の2つが想定できます。

1 リーダー自身の目標達成に向けて

  • チームや組織の目標や部下育成など、リーダーとして責任をもつ目標
  • リーダーとしてのスキルアップ など

2 リーダーが相手と交わしたコミュニケーションについて

  • 普段の関わりやコミュニケーション全般について
  • 今交わしたコミュニケーションについて

いずれも、まず、「どんな目標に向けて」、「何のために」、「何について」、フィードバックをもらいたいのかを相手に伝えるところから始めます。

中には、耳が痛い内容もあるかもしれませんが、会話の最後には、必ず、フィードバックがどのように役立ったか、そして、フィードバックくれたことへの心からの感謝を伝えましょう。可能な限り、フィードバックを受けた後、実際にどのような取り組みをしたか、具体的にどのような成果があったかを共有するといいでしょう。相手がフィードバックの意義や効果を実感すると同時に、フィードバックを活用し合う関係性を一歩進めることにつながります。

効果的なフィードバックをするためのミニワーク

実際にフィードバックをもらいましょう。

あなた自身の「目標」についてでも、あなたの「フィードバックの仕方」についてでも構いません。

いずれにしても、漠然とフィードバックを求めるのではなく、

  • 自分の目標(目指す状態)
  • フィードバックを受ける動機(何を明らかにしたいのか)

を共有してから始めることを忘れないようにしてください。

まとめ

最後に、効果的なフィードバックを行うための大切なポイントをもう一度確認します。フィードバックを行う場合は、いかなる時も、この6つを実現している必要があります。

  1. 相手の目標達成に向ける
  2. 率直に、正直に、相手に敬意を示す
  3. 「事実」に基づいて伝える、自分の感想や感情を介在させない
  4. 相手の成長に向けて建設的に行う
  5. フィードバックプロセスに相手も参加させる
  6. 自分自身もフィードバックを受ける

効果的なフィードバックをするためのミニワーク

上記6つのうち、あなたがすでに実践できているのはどれでしょうか。逆に、スキルアップや改善が必要なのはどれですか?

一緒に仕事をしているチームメンバーやあなたのコーチからも、フィードバック力向上のためのフィードバックをもらってみましょう。そして、スキルアップのために、具体的にどんな取り組みをするかを決め、実行に移しましょう。

フィードバック力をさらに高めるヒントはこちら
「自己認識力」を高めるには
フィードバックを受ける力の高め方


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

関連記事