3分間コーチ

マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。


絵で学ぶ3分間コーチ① 部下のために「2つの時間」をつくる

絵で学ぶ3分間コーチ① 部下のために「2つの時間」をつくる

マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。

部下のために2つの時間をつくる

イラストレーション 谷山彩子

ほんとうは部下の全員とゆっくり話をしたい。でも、現実的には時間はあまりありません。それでも、できるだけ多くの人と話すためには、躊躇しないことです。

職場で近くを通ったとき、すれ違ったとき、目の前を歩いていたとき。そのチャンスを逃したら、次はいつあるかわかりません。その場で躊躇せずに、声をかけます。

そのためにも、いつでも自分から声をかけられるように、話しかけられるように、この人とはこう話したいといういうことを、部下全員分、用意しておくのです。

部下のデータベースをつくることで、日報を読むことで、毎日部下一人ひとりのことを考えることでーその積み重ねがコミュニケーションを交わす起因になります。

部下について考える時間をつくる。
部下と的を絞った短い会話をするための時間をとる。

この2つの時間はお互いに連動しています。

そして、この2つの時間をつくることが、あなたのチームを、そして、組織を変えます。

3分間コーチ
ひとりでも部下がいる人のための世界一シンプルなマネジメント術

著者:伊藤 守
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

絵で学ぶ3分間コーチ

関連記事