3分間コーチ

マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。


3分間コーチ エッセンシャル(27) 自分の成長をはかるとき

3分間コーチ エッセンシャル(27) 自分の成長をはかるとき
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。


コーチングを通して、適性や強みを知る

わたしたちのリサーチによれば、「特にコーチを必要としない」と答えている人でも、自分自身のキャリアや成長に関しては、誰かに話を聞いてもらいたい、自分自身の適性や、強みを知りたいと考えています。

この場合は、アセスメントやインベントリー(質問紙を用いた、テストや棚卸しのシステム)を勧め、その結果に基づいてコーチするとよいでしょう。その結果から本人はどんなことを読み取ったかを聞き、自分には何が読み取れるのかを伝えます。

一般に、部下は、自分の評価、昇進、昇級、異動につながらないかと用心しているのですから、そこには十分注意が必要です。上司であるあなたの結果も開示して、それについて自分はどう思っているのかについて話してもよいでしょう。

アセスメントは、うまく活用すれば、お互いに話している内容や目的の見えやすい環境をつくるのに役立てることができます。


(『3分間コーチ ひとりでも部下がいる人のための世界一シンプルなマネジメント術』より抜粋編集)

3分間コーチ
ひとりでも部下がいる人のための世界一シンプルなマネジメント術

著者:伊藤 守
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

3分間コーチ

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事