3分間コーチ

マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。


3分間コーチ エッセンシャル(30) 上司がとるべきは◯◯な立場

3分間コーチ エッセンシャル(30) 上司がとるべきは◯◯な立場
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。


平等な立場を上司がとることで、さまざまなメッセージを伝えることができる

少なくともコミュニケーションを交わすときには、お互いの関係は平等です。

年齢の違い、経験の違い、知識の違い、それを超えて平等であること。ことばを機能させるための第一の条件は、対等であることです。相手の価値を貶めるような態度は慎まなければなりません。もちろん、だからといって、部下におもねってはいけません。

コミュニケーションを交わすときには、平等な立場を上司がとることで、部下を認めているというメッセージ、部下に責任ある態度を求めるというメッセージ、そして、お互いに学ぶというメッセージを伝えることができます。

たとえ、指示命令、教育、トレーニングをするときであっても、同じ態度でいることが望ましいでしょう。


(『3分間コーチ ひとりでも部下がいる人のための世界一シンプルなマネジメント術』より抜粋編集)

3分間コーチ
ひとりでも部下がいる人のための世界一シンプルなマネジメント術

著者:伊藤 守
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

3分間コーチ

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事