書籍紹介


特集『「良い質問」をする技術』
株式会社コーチ・エィ 取締役 粟津恭一郎

【著者インタビュー 中編】センスよりトレーニングが重要

【著者インタビュー 中編】センスよりトレーニングが重要

コーチ・エィのエグゼクティブコーチとして、200人余りのエグゼクティブをコーチしてきた粟津恭一郎の初の著書、『良い質問をする技術』が、9月29日にダイヤモンド社より発売になりました。「質問について、日本で一番考えているという自負がある」と公言する粟津ですが、実際にクライアントの経営者にお話を聞くと、「粟津さんは質問しかしない」とみなさん一様に、そして嬉しそうにおっしゃいます。そんな粟津へのインタビューシリーズ第一弾です(全3回)。

前編 この本を書いたのは、『質問』の地位を向上させたかったから
中編 センスよりトレーニングが重要
後編 【著者インタビュー 後編】質問の可能性を考えるとワクワクする

質問に定型はない

コーチングの際、質問は事前に準備した方がいいのですか。

「そう思います。私は常に事前に質問をいくつも準備し、投げかける順番まで考えてセッションに臨みます。しかし、ほとんど予定通りには運びません。かといって準備不要ということではなく、準備しているからこそ、逸れることでまた学びが生まれる。準備なくして、いいセッションは成り立ちません。

おもしろいのは、セッションの終盤に『今日の1時間でどの質問が印象に残りましたか』と尋ねると、たいていは予想外の答えがかえってくること。後々、『実はあの日のあの質問が心に残り、問い返しています』と言われたこともあります。驚くと同時に、安心します」

予想外の答えで安心するんですね。

「はい。セッションが自分の思った通りに進むことは、すなわち、薄っぺらいコーチングになっている不安にもつながります。意外なことがあれば、さらに質問力を向上させようと突き詰めたくなる。それが私の楽しみでもあります」

1時間のセッションのなかで、いくつくらいの質問をするのですか。

「これは個人差が大きいです。1つの質問から話がどんどん派生していく方だと、こちらからの質問は3つか4つと少なくなります。逆にぽんぽんやりとりをする方だと、30から40に及ぶこともあります」

クライアントの職業によって、セッションに違いはありますか。

「職業よりも、役職による違いが顕著です。極端にいえば、『社長か、そうでないか』。数多くの役職のなかでも、社長ほど孤独な立場はありません。ストレスも多い。おそらく専務や副社長が抱く興味や懸念は一般社員の延長線上にあると思うのですが、社長という立場に就いた途端、世界が一変するのでしょう。これまで何度も、不安を感じて夜中にふと目が覚め、理由もわからず涙が流れるとおっしゃる方に出会いました。

社長の日常はたいへん過酷です。一般社員ならばひとつでもプレッシャーを感じるような仕事に、一日中対峙しなければなりません。重要なプレゼンに出席し、大切な顧客をもてなし、会社の業績に目を通す。さまざまな意見も耳にするでしょう。大切なのは、それぞれの場面における自らの役割ときちんと認識すること。コーチングはその"交通整理"にたいへん役立ちます。エグゼクティブになるほど仕事は複雑になっていくので、コーチングの果たす役割は大きくなります。コーチに質問されることによって、クライアントは自分の世界を整理し、把握するための質問を徐々に内在化できるようになる。このプロセスに価値があるのです」

『良い質問』もトレーニングから

質問しているときは、楽しいですか?

「とても楽しいです。友人たちと他愛のない会話をしていても、職業病なのか、つい相手に興味が湧いてきて質問を重ねてしまいます(笑)。おそらく、根っからの質問好きなんでしょうね」

質問がうまくなるには、センスが必要なのでは。

「いえ、そんなことはありません。もちろん最初から得意な人はいるかもしれませんが、日頃から相手や質問について考える時間を増やせば後天的に獲得できる力です。ヒントは本に書きましたが(笑)、質問の技術を磨くのと同様に、相手についてきちんと考えることも必須です。会話の相手がどれほど真剣に自分について考えているかどうか、相手を見ていればわかります。いかに質問力が高くても『あなたのことを心から応援している』というメッセージがなければ気づきは生まれにくい。投げかけられた質問に対して、相手が真剣になりきれないからです。

コーチ・エィでは、コーチング力向上のために、お客様に同意いただいた上で定期的にコーチングセッションを録音して、互いに聞き合っています。私が聞いたあるセッションでは、コーチが「良い質問をしよう」と過度に意識していことが伝わってきました。質問を意識しすぎるあまり、逆に自分に意識が向いてしまっていて、残念ながらあまり良いコーチングとは言えませんでした。いかに質問力を磨いても熱意なくしては効果がないことは、常に心に留めてください」

では、質問力を高めるために、実際にどのようなトレーニングが必要なのか教えてください。

「まず、質問は大きく4つに分類できます。答えたいかどうかを縦軸、気づきの有無を横軸としましょう。答えたくなり、かつ気づきがあるのが良い質問。答えたいけれど、気づきがないのが軽い質問。答えたくないし、気づきもないのが悪い質問。気づきはあるが答えたくないのが重い質問です。もちろん良い質問をすることが目標ですが、会話の最初に軽い質問を振り、雰囲気を和ませる必要もあります。『最近ゴルフの調子はいかがですか?』『毎日、暑いですね』など、天気や趣味の話題は入り口に最適です。

以前、軽い質問を試みて失敗したことがあります。セッションの序盤に、「これまで仕事でどんな成功をされてきましたか?」と聞いた瞬間、相手の顔色が変わってしまった。ご自分に対する評価がかなり厳しく、成功しているとあまり思っていらっしゃらなかったのです。いい経験になりました。

さて、ではこの4分類を理解したうえで、『良い質問』をいかに作ればよいのか考えて行きましょう」

(聞き手: Hello, Coaching!編集部)

「良い質問」をする技術

著者:粟津 恭一郎
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2016/9/30


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

良い質問

関連記事