書籍紹介


特集『「良い質問」をする技術』
株式会社コーチ・エィ 取締役 粟津恭一郎

【著者インタビュー 後編】質問の可能性を考えるとワクワクする

【著者インタビュー 後編】質問の可能性を考えるとワクワクする

コーチ・エィのエグゼクティブコーチとして、200人余りのエグゼクティブをコーチしてきた粟津恭一郎の初の著書、『良い質問をする技術』が、9月29日にダイヤモンド社より発売になりました。「質問について、日本で一番考えているという自負がある」と公言する粟津ですが、実際にクライアントの経営者にお話を聞くと、「粟津さんは質問しかしない」とみなさん一様に、そして嬉しそうにおっしゃいます。そんな粟津へのインタビューシリーズ第一弾です(全3回)。

前編 この本を書いたのは、『質問』の地位を向上させたかったから
中編 センスよりトレーニングが重要
後編 【著者インタビュー 後編】質問の可能性を考えるとワクワクする

クローズドクエスチョンをオープンクエスチョンに変える

相手に気づきを与え、行動まで変えていくのが「良い質問」でしたね。

「はい。前提として、質問には『クローズド』と『オープン』の二種類があります。クローズドがはい/いいえで答えられる一方、オープンはいわゆる『5W1H』を訊ねるもの。 英語に訳すと一目瞭然。"Are you...?" "Do you...?"で始まるのがクローズドで、"What""Why"などの疑問詞で始まるものがオープン・クエスチョンです。

『良い質問』の多くはオープンクエスチョンです。ところがコーチ・エィの調査では、企業の管理職がする質問の七割以上がクローズド・クエスチョン。上司と部下という関係性では『あの仕事は終わったか』など指示を確認することが多いためでしょうが、会話がイエスかノーで完結すると、話が発展しづらい。質問される方もあまり愉快ではなく、信頼関係の構築にはマイナスです。

子どものとき、『宿題は終わったの?』と母親に聞かれて嫌な気持ちになったことはありませんか(笑)? この問いからは、まだやっていなだろうと疑い、早くやれと叱責するメッセージが伝わってくる。同じ内容でも、『今日の宿題はどれぐらいの時間がかかりそう?』『最近はどんな宿題が多いの?』といった質問の方が、話が膨らみ子どもの気づきも生まれやすい。早く終わらせてしまおう、と行動が変わる可能性も出てきます。信頼関係も深まるでしょう。

では、ここで私から質問です。日頃、みなさんが自分に問いかけている質問はクローズドですか、オープンですか?」

考えてみると、クローズドが多いです。

「では、その質問をオープンにしてください。これがトレーニングの第一歩です」

具体的にはどうすればよいですか。

「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)の疑問詞を使って言い換えてみてください」

意外と難しいですね。

「慣れるまでは時間が必要かもしれませんが、初心者にはもっとも有効な練習方法です。

さて、気づきにつながる『良い質問』は生まれたでしょうか。日頃から自分に問いかけている質問は、抱いている問題意識に近く本質的な問いである可能性が高い。良い質問を作りやすいのです。この"本質的"もキーワードのひとつですね。

自分についての『良い質問』ができたら、次は他人への応用です。コーチングの初心者は相手に気づきを与えたいと思うあまりに突飛な質問をするケースが多いのですが、それでは相手の本質から遠く、良い質問にはなりにくい。本質的なのに相手が見逃している「盲点」を露にするのが『良い質問』です。ここで登場するのが、もうひとつのキーワード『3つのV』です」

質問力を鍛える具体的なトレーニング

3つのV?

「Vision(手に入れたいもの)、Value(価値観)、Vocabulary(よく使う言葉)。Visonは成し遂げたい目標です。大義といってもいい。パッと出てこないクライアントもいますが、社長たちからはたいてい淀みなく答えが返ってきます。会社で起こっていることは自分の責任だというアカウンタビリティが高いのでしょう。私の経験では、良い仕事をしている人ほどヴィジョンについて考えていますね。

次がValue。たとえば利益や顧客満足など、仕事で重要視する価値は人さまざまです。人生において何を重視しているのかを見極めることは、その人の本質に近付くこと。良い質問につながるのです。

最後のボキャブラリーはわかりやすいですね。大義や価値観まで広がらずとも、頻繁に使う言葉は誰にでもあるものです。そこからは健康状態から経済情勢、人間関係など、現在気にかけている事柄が浮かび上がってきます。

相手に関する『3つのV』が集まったら、5W1Hと組み合わせたトレーニングに挑戦してください。まず6枚の紙に5W1Hの6つの疑問詞を書きます。次に別の紙に、相手の3Vを書きだします。名詞だけでなく、動詞、副詞、形容詞などなんでもかまいません。カードが揃ったところで、疑問詞のカードを1枚、3Vのカードを2枚引いて、質問をどんどん作ってみてください。」

粟津さんもこのトレーニングを行っているのですか。

「はい、今もよく練習しています。たとえば『なに』『PDCA』『達成する』が出たら、『PDCAはなにを達成することができるものですか』『PDCAの習得というゴールを達成するために、なにから始めますか』......。トレーニングを繰り返すことで、相手の本質に近い質問が、より多く、より素早く作れるようになるはずです。質問をする力は、決して天賦の才ではないのです」

年齢も関係ありませんか。

「100歳でも大丈夫とまで断言はできませんが(笑)、遅いということはありませんし、誰でも伸ばせる力です。コーチングに限らず、家庭や学校など生活のあらゆる場面で活用もできる。学校の先生が質問力を鍛え、よりよい質問で子どもを成長させることも十分考えられます。ひとつの質問で人生が変わる----、想像するだけでわくわくしませんか?」

(聞き手: Hello, Coaching!編集部)

「良い質問」をする技術

著者:粟津 恭一郎
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2016/9/30


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

良い質問

関連記事